« 今週末は東京に行ってきます | トップページ | 豊明の無届け有料老人ホームで高齢者虐待か?! »

在宅介護の切り札となるか?〜名古屋市の小規模多機能型居宅介護の現状とは

介護が必要になっても、安心して住み慣れた自宅で暮らし続けるために、新しく介護保険のサービスとして作られた「小規模多機能型居宅介護」。
まだまだ、あまり知られていない介護サービスですが、認知症になったり、重度の要介護状態になった場合でも、自宅で暮らし続けたい人には、とても力になれる可能性をもったサービスなのです。

市民ボランティアグループ「介護施設と地域を結ぶ市民の会」では、9月から愛知県内にある小規模多機能型居宅介護事業所に対して調査アンケート&訪問調査を実施する予定です。

この調査に先立ち、名古屋市の小規模多機能型居宅介護の現状を学ぶ学習会を企画しました。
どなたでも参加できますので、お気軽にお越しください。

-----------------------------------------------------------------

在宅介護の切り札となるか?
〜名古屋市の小規模多機能型居宅介護の現状とは

住み慣れた自宅で暮らし続けるために新設された介護サービス「小規模多機能型居宅介護」。
名古屋市の現状について詳しく話を聞いてみませんか。
当日は、名古屋市役所で小規模多機能型居宅介護事業所の許認可や指導監査を担当している、名古屋市健康福祉局介護指導課の職員をおまねきして、現在の状況と今後の方針についてうかがいます。

日時:7月26日(火)午後2時〜4時
定員:15名
場所:名古屋市役所東庁舎 地下1階・和室
講師:名古屋市健康福祉局介護指導課 角幸一さん

※定員が少ないため、参加希望の方は、氏名・連絡先を明記の上、必ず事前に右上の「メール送信」から、お申し込み下さい。

----------------------------------------------------------------

学習会の打ち合わせで、名古屋市の小規模多機能型居宅介護の許認可について、名古屋市役所に聞き取りに行ってきました。
小規模多機能型居宅介護事業所は4月1日現在で、名古屋市内に48箇所。そのうち、単独型が11箇所、グループホームと併設が24箇所とのこと。
利用者がいなくて休止となった事業所もあるそうです。

くわしい話が聞きたい方は、ぜひ学習会にお越し下さいね〜。

|

« 今週末は東京に行ってきます | トップページ | 豊明の無届け有料老人ホームで高齢者虐待か?! »

学習会・講演会の案内」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/215645/52215054

この記事へのトラックバック一覧です: 在宅介護の切り札となるか?〜名古屋市の小規模多機能型居宅介護の現状とは:

« 今週末は東京に行ってきます | トップページ | 豊明の無届け有料老人ホームで高齢者虐待か?! »