« 「家で死にたい」という思いを在宅福祉・在宅医療で行政が支援〜長野県・泰阜村の取り組み | トップページ | 議会運営委員会で、町長が議員の議場での発言を制限するかのような発言!〜真意はどこに? »

請願は住民からの政策提言〜委員会での請願者の発言ができる議会に

一般質問の通告書も締め切り、今日の午前中に、議会運営委員会が開かれ、8月31日から開会する9月議会の運営について話し合いました。

今回の一般質問は、15人。
 ※一般質問を行う議員の氏名と質問内容については、東郷町議会事務局のホームページを参照ください。→http://www.town.togo.aichi.jp/Contents/ePage.asp?CONTENTNO=5983&PNO=

山下りつこの一般質問は、初日の9月6日(月)午前9時からと決まりました。
(トップバッターですので、開始時間はずれません)

1 子育てしやすいまちづくりのために病児・病後児保育の推進を
2 認知症になっても安心のまちづくりを
3 がん撲滅対策でがんで亡くなる人を減らせ
4 むだづかい削減は公開による事業仕分けで

の4項目について質します。

さて、
今日の議会運営委員会で、見過ごせないことが2つありました。

ひとつめは、
住民である請願代表者が意見を述べたいという思いを、議会が拒否していいのか
ということです。
9月議会に、「入院だけでなく通院も中学3年生までの医療費無料化を求める請願」が出ています。
この請願の代表者から、「請願を審議する委員会の場で、請願代表者の意見を述べる時間をとってほしい」という要望書が出され、この取り扱いについて、議会運営委員会で話し合われたのです。

請願代表者が自ら意見を述べることは、委員会条例では「参考人」として呼ぶことが明記されており、法的・制度的にはなんら問題ありません。
「医療費無料化」の請願は、民生委員会に付託されると思いますので、
わたしは民生委員長として、委員会で「請願代表者を参考人として呼ぶこと」についてはかり、委員会での合意ができれば、民生委員会で意見を述べてもらいたいと思っています。

しかし、議会運営委員会で
議長から許可する気持ちはない、との発言が。
「わたしは許可しませんから、それを踏まえた上で、委員会運営をしてください」との議長の発言は、つまり、「委員会で手間と時間をかけて参考人招集を求めても、議長は許可しないので、無駄ですよ」ということ。
参考人を呼ぶためには、委員会で決めて、議長にあげ、議長が許可をして、議長名で参考人を招集するという手続きをとりますので、議長が許可してくれなければ、参考人を委員会には呼べません。

請願は、住民からの政策提言
というのが、議会改革がすすむ他自治体での姿勢であり、わたしもその考えを支持しています。

いまの東郷町議会では、請願の説明は、請願代表者ではなく、請願の紹介議員が行っています。
これを、紹介議員ではなく、請願を出した住民自らが趣旨を説明し、意見を述べることができるように変えていきたい
というのが、わたしの考えです。

今回、議長が請願代表者の発言を許可しない理由を聞いたところ
議長からは次の2点の理由が示されました。
①「中3までの医療費無料化」については、紹介議員がよく知っており、紹介議員の意見を聞くことだけで審議には必要充分と考える。
②参考人として請願代表者を委員会に呼ぶと、費用弁償(6500円)が必要となるが、予算に入っていない

これが、現在の東郷町議会の状況です。

請願代表者からの要望書には
請願代表者が請願項目にそって、直接に意見を述べることで「議会と町民の接点がより身近に感じ共通の土台が認識」できることを願い要望書を提出いたします。
と書いてありました。

請願者の発言を許可しないことで、議会と町民がさらに距離のあるものになるのではと懸念します。

長くなりましたので
気になること、二つめについては、次のブログで述べることにします。


|

« 「家で死にたい」という思いを在宅福祉・在宅医療で行政が支援〜長野県・泰阜村の取り組み | トップページ | 議会運営委員会で、町長が議員の議場での発言を制限するかのような発言!〜真意はどこに? »

議会報告」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/215645/49242635

この記事へのトラックバック一覧です: 請願は住民からの政策提言〜委員会での請願者の発言ができる議会に:

« 「家で死にたい」という思いを在宅福祉・在宅医療で行政が支援〜長野県・泰阜村の取り組み | トップページ | 議会運営委員会で、町長が議員の議場での発言を制限するかのような発言!〜真意はどこに? »