« 岐阜県恵那市の介護予防の取り組み〜回想法で認知症予防 | トップページ | 議会改革にツイッターを活用〜地方議会改革のシンポジウム 中継はツイッターで »

議会での自由討議を行うには〜花巻市議会が自由討議のルールを決定

議会では、行政に議員が質すということは行われていますが、議員同士で自由に討議するということは行われていない議会が大半だと思います。
議会としてまとまった意思表明を行うためには、議員同士で議論する必要があるはず。

東郷町議会では、意見書を議会の議案としてあげるためには、「全員賛成が原則」とされていますが、全体会議の場で意見を聞きはしても、反対の議員が一人でもいれば、それで終わり。
議員同士で賛成・反対の意見をたたかわせるという場面は、ほとんどないのが現状です。

そんな中、議会改革が進む自治体では、自由討議をどう行うかが話し合われているようです。

------------------------(ここから引用です)-----------------------

自由討議のルール決定〜花巻市議会改革推進会議

 花巻市議会の議会改革推進会議(佐藤忠男委員長)は26日、市役所で2回目の会合を開いた。6月に施行された議会基本条例に盛り込まれた議員間の自由討議についての運用を決定した。

 本会議の議案審議などに当たって、これまで議員と執行部の間では質疑が行われてきたが、議員間の討議は行われてこなかった。同条例で新たに合意形成に向けた自由討議の規定が設けられたため、9月定例会を前にルールを検討する必要があった。

 これを受け同日の会合では、議事進行の中に自由討議を盛り込むことを決めた。本会議の場合は、これまでは議案の質疑を行った後に討論を行い、採決する流れになっているが、ルールが正式に決まれば、質疑と討論の間に自由討議を挟む見込み。

 次回は9月3日開催予定で、前議会の議会改革検討特別委員会から同推進会議への申し送り事項、議長からの提案を中心に、議会報告会の開催に関する規定や政治倫理にかかわる条例の制定、議員定数などの検討課題を整理する方針。

(岩手日日新聞社 2010年 8/27)
http://www.iwanichi.co.jp/hanamaki/item_20012.html
------------------------(引用ここまでです)-----------------------

自由討議を位置付ける「議会基本条例」の制定が、東郷町でも必要だと思います。

|

« 岐阜県恵那市の介護予防の取り組み〜回想法で認知症予防 | トップページ | 議会改革にツイッターを活用〜地方議会改革のシンポジウム 中継はツイッターで »

東郷町以外の議会はどうなっているか」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/215645/49270538

この記事へのトラックバック一覧です: 議会での自由討議を行うには〜花巻市議会が自由討議のルールを決定:

« 岐阜県恵那市の介護予防の取り組み〜回想法で認知症予防 | トップページ | 議会改革にツイッターを活用〜地方議会改革のシンポジウム 中継はツイッターで »