« 議員の仕事は選挙活動?!〜迷走する議会活性化委員会 | トップページ | 臓器提供の意思表明を自らする時代に »

市民の議会をつくろう!〜市民と議員の条例づくり交流会議2010

名古屋市の議会リコール運動から、議会不要論まで、住民が議会に感じている「何をやっているのか、わからない」という不信感。
そんな住民の視線に押されるように、地方議会のありかたを見直そうという動きが続いています。

東郷町議会では、住民への情報公開も、住民の議会参加も、まだまだ。
ですが、住民による議会モニターや、議会報告会など、議会が住民の声を聞き、政策に反映させようと動き出した自治体もあります。

市民が参加できる開かれた議会に変えよう。
そう主張し、毎年、各地の先進実践の報告や交流を行う場となっているのが、「市民と議員の条例づくり交流会議」です。
わたしも、2007年に行われたプレ企画に参加し、新人議員から見た「議会の不思議」と題したステージ発言を行いました。(「秋まで待てない!」議会改革に参加しました を参照)

市民と議会の条例づくり交流会議は、毎年行われているのですが
今年のテーマは
市民の議会をつくろう!
自治体議会を参加と政策づくりの場へ

今月の28、29日に法政大学市ヶ谷キャンパスで行われます。
詳細は、http://www.citizens-i.org/jourei/

以下に概要を抜粋しますね。

-------------------------------------------------

▼第10回 市民と議員の条例づくり交流会議2010を開催します!

市民と議員の条例づくり交流会議2010(第10回)
  「市民の議会をつくろう! 自治体議会を参加と政策づくりの場へ」
 ――議会改革の現段階と最前線、自治体運営と議会、
               市民と議会の政策づくり、議会事務局のミッション

 ●日程 : 2010年8月28日(土)~29日(日)
 ●場所 : 法政大学(市ヶ谷キャンパス)
 ●参加費 : 議員・議会事務局10,000 円、市民5,000 円、学生2,000 円
  (会 員 : 議員5,000 円、市民・学生は無料/当日入会歓迎です)
         ※交流会別途 : 3000円

========================
 第1日/8月28日(土) 全体会 [14時-17時]
========================
 ●「自治に議会は必要か?」
 ・基調講演「なぜ議会がなくてはならないのか」(仮)
  大森 彌 (東京大学名誉教授)
 ・パネルディスカッション
 【報告】
  神吉信之(ローカル・マニフェスト推進ネットワーク九州代表、
       「九州から始まる 見える化・議会」実行委員長)
  丹野綾子(河北新報社/連載「変えよう地方議会」取材班)
  大同 衛(京都府京丹後市議会議員・前議長 )
 【コメント】
  コーディネーター 廣瀬克哉(自治体議会改革フォーラム呼びかけ人代表)
  大森 彌 (東京大学名誉教授)
 【ディスカッション】

 ● 交流会(18時-19時30分)

========================
 第2日/8月29日(日) 分科会 [10時-15時]
========================
 第1分科会「議会改革の現段階と最前線」
-------------------------
 ● 議会改革の現段階と市民の取り組み 《午前》
 議会調査2010からみた議会改革の現段階と改革項目達成状 況、議会基本条例動向と最前線。市民からみた自治体議会の現 状と課題。議会改革は、市民に開かれているか。

 「議会調査2010報告/議会改革と議会基本条例の最前線」
  コーディネーター 廣瀬克哉(自治体議会改革フォーラム)
 「気づいた事、できる事から一歩ずつ――積み重ねた改革実践とその思い」
  溝部幸基(北海道福島町議会議長)
 「議会だけの改革にしない―多摩市議会における議会基本条例づくり」
  安藤邦彦(東京都多摩市議会議会、基本条例制定をめざす議会改革特別委員長)
 「市民による川崎市議会改革の取り組みと議会白書づくり」
  吉井俊夫(川崎市議会を語る会)
 「川口市議会を市民が参画できる開かれた議会へ」  
  伊田昭三(川口市・議会基本条例を考える会代表)

 ● 市民と議会の新たなコミュニケーションツール 《午後》
 議会報告会や市民との対話の場、議会モニターをはじめ、ツ イッター、ユーストリームの活用など、市民と議会の情報交流 の取り組みも広がりつつある。市民と議会は、新しいツールを どのように活用していけるか。

 「議会報告会・意見交換会をどう活かすか!」
  (1)清川雅史(会津若松市議会議員)、ほか ※発表者募集、参加者へ呼びかけ中
 「ワークショップ方式の公聴会と議会報告会UST中継」(※twitter 鶴ヶ島市議会応援団)
  山中基充(埼玉県鶴ヶ島市議会議員)
 「ソーシャルメディア活用議会日本一をめざして」(※twitter 鳥羽市議会)
  北村純一(三重県鳥羽市議会事務局議事係長)
 「議会報告会にファシリテーションを!」
  梅谷秀治(流山市民/ファシリテーションコーディネーター)
 「ワールド・カフェで市民と議会の関係づくりを!」
  加留部貴行(日本ファシリテーション協会前会長、九州大学大学院准教授)

(分科会は第4分科会までありますが、残りは省略します)

-------------------------------------------------

この「市民と議員の条例づくり交流会議」ですが、東京だけでなく、地方でも開催しようという動きが出てきています。

まだ、企画の段階ですが、愛知県でも開催の予定。
日時は、11月27日(土)午後1時〜5時30分
会場は、刈谷市産業振興センター

です。

今日は、「愛知県でも交流会議をやりたい!」と手を挙げた仲間と一緒に、東京の交流会議事務局や自治体議会改革フォーラム呼びかけ人代表の廣瀬克哉先生に、11/27の打ち合わせのため、お会いしてきました。

「市民と議員の条例づくり交流会議IN東海」については、もう少し内容が決まってからブログで紹介したいと思います。
今は、まだ実行委員を募って、どんな内容にしようか話し合っている段階です。

「市民と議員の条例づくり交流会議in名古屋」の協力者募集!

興味のある方は、ぜひご連絡ください。

|

« 議員の仕事は選挙活動?!〜迷走する議会活性化委員会 | トップページ | 臓器提供の意思表明を自らする時代に »

住民主体の政治に変える」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/215645/49133106

この記事へのトラックバック一覧です: 市民の議会をつくろう!〜市民と議員の条例づくり交流会議2010:

« 議員の仕事は選挙活動?!〜迷走する議会活性化委員会 | トップページ | 臓器提供の意思表明を自らする時代に »