« 戸建ての住宅型有料老人ホーム〜サンヒルズ ヴィラ・アンキーノ | トップページ | 暑くても、にゃんこは元気です »

戸建て有料老人ホーム「サンヒルズ・ヴィラアンキーノ」見学会報告

戸建て有料老人ホーム「サンヒルズ・ヴィラアンキーノ」見学会報告
戸建て有料老人ホーム「サンヒルズ・ヴィラアンキーノ」見学会報告
岐阜県の揖斐郡池田町にある、住宅型有料老人ホーム「サンヒルズ・ヴィラアンキーノ」。
緑豊かな池田山の山すそにある、全国でも珍しい一戸建ての有料老人ホームで、見学会を行いました。

上の写真が、ヴィラアンキーノの外観。
とんがり屋根の戸建てが、テラスでつながっています。

下の写真は、見学会で試食した昼食。
写真はおかずのみですが、これに具だくさんの炊き込みご飯と、デザートのコーヒーゼリーがついていました。
おかずは、右上がエビフライ、ホタテフライ、トマトサラダ。右下が五目野菜の煮物。左上がにんじんと生麩の炊き合わせ、きゅうりの漬け物。左下がサワラの照り焼き、付け合わせはゴボウとシシトウの煮物。野菜たっぷりのヘルシー献立です。
(敷地内にある畑で採れた新鮮野菜を使った一品が入るのが、特徴です)
料金は、これで700円。
ちなみに、朝食300円、昼食700円、夕食700円。
居室内にはキッチンもあり自炊できるので、食事は希望した分のみ支払う形。
自室まで、スタッフが配達し、必ず手渡しして声をかけています。

試食のあとで、パワーポイントを使っての説明がありました。
アンキーノは平成15年7月にオープン。
名称の「アンキーノ」は、岐阜の方言「安気(あんき)やのぉ」=気楽でのんびり から付けたとのこと。
モットーは、「気楽で安心な住まい」。
元気なうちからでも、介護が必要になっても、最後まで安心して暮らし続けられる老いの住まいをめざしているという説明でした。

あちこちに果樹や季節の花々、畑には野菜が植わった緑豊かな敷地は、5699㎡。
この広い敷地に、独立型の一戸建てが29戸あります。
部屋の広さは、32〜56㎡。
写真のとんがり屋根の戸建ては、一番狭いシングルタイプですが、天井が高くて吹き抜けになっていて、32㎡という面積の割に、広い感じがします。
それぞれの住戸には、システムキッチン、洗面、浴室、エアコン、床暖房が完備。
専用のプライベートデッキもあって、くつろげます。
吹き抜けだと掃除が心配ですが、高いところの窓や換気扇の掃除は、月に1回、スタッフが無料で行ってくれるそうです。

いざという時の安心のために、各部屋には緊急コール付きの電話を設置。
「相談」と「緊急」というボタンがあり、電話まで行けない緊急時のために、首からさげるペンダント式の緊急ボタンもあります。
ボタンを押すと、スタッフ全員が持っている携帯電話にコールが鳴り、それで部屋番号を確認して、一番近くにいるスタッフが駆けつけるという仕組み。
食事中にのどにご飯が詰まった入居者が、首にかけていたコールボタンを押し、急いでスタッフが駆けつけて事なきを得たということもあったそうです。

もう1つの安心は、敷地内にあるデイサービスセンター「ちゃぼぼ」と、デイサービス併設のグループホーム「弥生」。
ちゃぼぼでは、俳句の会や陶芸教室、お茶会などが定期的に開かれていて、アンキーノの入居者は無料で自由に参加できます。
また医師の今村寧さんが、アンキーノに定期的に訪問して身体や薬のことなどの相談にのっています。(もちろん、主治医として医療が必要な人には、各居室まで往診も行います)

こうした安心を得ると同時に、自分らしい独立した気楽な暮らしを実現できるのが、アンキーノの良さ。
食事の支度からは卒業したいという人は、食事サービスを利用できますし、自分で作りたい場合は、施設から出るシャトルバスでスーパーに買い物に行ったり、生協の宅配サービスを利用することもできます。
入所者は、読書に没頭したり、趣味を楽しんだりと過ごし方はさまざま。
閉じこもりきりにならないように、共用のサロンで午後は喫茶を開いたり、月に1回、食事会やケーキを食べる会があったり、畑で作物を収穫したりというイベントも。
まちに外食に出かけたり、おいしいパン屋さんに買い出しに行ったり、美術館やお花見に出かけたりという外出支援もあります。

日常的な外出の手段として、シャトルバスも運行。
買い物だけでなく、近くの池田温泉や図書館、役場などに運行しています。
バスの利用料は1回100円。
入居者は、1ヶ月に20枚までシャトルバス券または呈茶券がもらえます。
(呈茶券は、共用のサロンで、コーヒーや紅茶などを飲むのに使えます)

なにより、特筆すべきなのが、ひとりひとりの尊厳を守ったケアの意識です。
「他人(ひと)の痛みを自分のこととして感じる感性を」というのが、ケアの理念。
以前に施設長さんと身体拘束について話をしたことがあるのですが、介護保険で禁じられている身体拘束を行わないのはもちろん、言葉による制限(「○○しないで」「ちょっと待って」など)も行わないように研修しているとのこと。
また、社会的なつながりを失うことも身体拘束と捉え、どうしたら、それまで送っていた「我が家の暮らし」が継続できるか、社会とのつながりを継続できるかに苦心していると聞きました。

身体拘束の禁止すら守れない介護施設がまだ多数ある中、レベルが違うとしみじみ感じました。

最後に、見学会に参加した方の感想を少し紹介しますね。

-----------------------------------------

ご主人のターミナルをここで迎えられた方が、ベッドにいても、天井の様や窓から風景が見えて良かったと言われたと聞き、納得できました。
介護が必要になったら移る、ベッドだけの四角い介護居室は、人間的じゃありません。
もし懐具合が許すなら、とんがり屋根の住居には、住んでみたいなと思えました。

感動したのは利用者様の穏やかな顔・・・。
いい顔をしていますね。
老人独特の臭いがない事に驚き!
環境や食べ物、やっぱり人ですね。

お金があれば、別荘として欲しい。
だれか買ってくれたら、遊びに行きたい。
サンビレッジは池田町の町興しですね。

-----------------------------------------

サンヒルズ・ヴィラアンキーノの連絡先は
住所/岐阜県揖斐郡池田町宮地1175
電話/0585-45-0760
ホームページ/http://www.shinsei-kai.or.jp/anki/

|

« 戸建ての住宅型有料老人ホーム〜サンヒルズ ヴィラ・アンキーノ | トップページ | 暑くても、にゃんこは元気です »

介護施設見学レポート」カテゴリの記事

コメント

いつも思いますが、老後の生活に貧富の差を感じます。

国民年金で5万/月ぐらいしか貰っていない人も多いです。そんな人が有料老人ホームに入所できるでしょうか?

特養に入るにしてもユニット型では入れません。お金が足りないから選択肢が無いんです。

誰でも、いい施設・いい介護を受けたい。

安心できる老後は、お金で買うしかないのでしょうね。

今でも、認知症の方が入る施設に苦労しています。いくらGHが空いていても15万円以上かかります。

特養は空きません。
お金が無い人でも安心して生活できる仕組みを考えて欲しいです。

投稿: 東京ばなな | 2010年7月 3日 (土) 11時17分

東京ばなな さま

コメントありがとうございます。
お返事遅れて、申し訳ありませんでした。

老後の幸せはお金次第
とは思いたくないのですが、現実には、1ヶ月にいくら支払えるかで、選べる介護施設の種類も量もぐんと違ってきますね。

特養ホームは、収入で4段階の料金設定になっており、補足給付という形でお金がない人も入所できるよう介護保険で施設に料金が補填される仕組みがありますが、認知症のグループホームには補足給付がなく、選択できない人もいます。
まして、有料老人ホームは、お金がない人は選択できないです。

お金があってもなくても、同じ介護を受けられる(同じだけ選択肢がある)仕組みを、作らなければと思います。
家賃給付の仕組みを作るなど、方法を考えて国に提言していかなければ!

東京ばななさん。
これからも、ご意見お寄せ下さい。
ありがとうございました。

投稿: 山下りつこ | 2010年7月10日 (土) 00時13分

山下りつこ様の活動に期待してならないです。
仕組みがないので、安易すぎるきらいがあると思います。しかし、そんな経営者側のご都合主義な事情など、介護員も入居者も入ってみないと分からないので、裏では問題が多発しています。
ところが、現状は、行政で明るみに出来ることはかぎられているようですし・・。
お金がある無いの金額的なことで、介護内容に差をつけていても、基準や仕組みが無いのでグレーゾーンとなり、スルーされてしまう。
人権を無視したおかしな事態に陥っている有料老人施設は多いと思います。

投稿: ラビ | 2010年7月11日 (日) 14時16分

ラビさま

コメントありがとうございました。
すっかりお返事が遅くなりまして、本当にごめんなさい。

有料老人ホームの質の善し悪しには、かなり差があります。
(もちろん、公的施設である特別養護老人ホームにも、施設間の差はありますが)
それなのに、選ぶ側の利用者や家族に、その善し悪しがわかりにくいというのが、一番の問題ですね。

入る前に選択のための十分な情報を保証する。
入ってからも、理不尽な目にあわないよう、人権擁護を保証するための公的な仕組みを作る。
この二つは絶対に必要だと思います。

投稿: 山下りつこ | 2010年7月23日 (金) 22時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/215645/48770785

この記事へのトラックバック一覧です: 戸建て有料老人ホーム「サンヒルズ・ヴィラアンキーノ」見学会報告:

« 戸建ての住宅型有料老人ホーム〜サンヒルズ ヴィラ・アンキーノ | トップページ | 暑くても、にゃんこは元気です »