« 障がいがあっても共に学び働くことができる社会へ〜新居浜市:知的障害者を新部署で2人雇用 | トップページ | 住宅型有料老人ホームの調査について新聞で掲載されました »

認知症を地域で支える〜遠藤英俊氏(国立長寿医療センター)の講演があります

いよいよ明日は、議会の一般質問初日です。
わたしは6番目、たぶん午後の3〜4時にスタートとなると思います。

これから、明日の一般質問にそなえて、質疑を練らなければならないので。
とりいそぎ、今週末に行う予定の認知症講演会の案内をします。

----------------------------------------------------

「認知症を地域で支える」

1人暮らしや夫婦ふたりだけの高齢者世帯が増え、介護に対する将来の不安を口にする人が増え続けています。
介護をめぐる問題で、一番これからポイントになってくるのが、認知症のこと。
認知症になっても安心して住み慣れた地域で暮らすためには、どうしたらいいのでしょうか。
講師に国立長寿医療センターの遠藤英俊先生をお迎えして、認知症の最新医療情報や、認知症の方をどう地域で支えるかについてお話しいただきます。
入場無料ですので、お誘い合わせの上、ぜひ気軽にご参加ください。

  日時/6月13日 夜7時〜
  場所/天白文化小劇場
  講演/遠藤英俊氏(国立長寿医療センター包括診療部長)
  定員/300人
  入場無料

※事前申し込みは、必要ありません。
 ご都合のつく方は、ぜひ当日、天白文化小劇場(地下鉄「原」からすぐ)にお越し下さい。

|

« 障がいがあっても共に学び働くことができる社会へ〜新居浜市:知的障害者を新部署で2人雇用 | トップページ | 住宅型有料老人ホームの調査について新聞で掲載されました »

学習会・講演会の案内」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/215645/48571133

この記事へのトラックバック一覧です: 認知症を地域で支える〜遠藤英俊氏(国立長寿医療センター)の講演があります:

« 障がいがあっても共に学び働くことができる社会へ〜新居浜市:知的障害者を新部署で2人雇用 | トップページ | 住宅型有料老人ホームの調査について新聞で掲載されました »