« 地方議会の議員年金を廃止するよう意見書を出しました | トップページ | なぜ認知症はみんなにわかってもらえないのか »

若年性認知症をどう支えたらいいのか

映画『明日の記憶』で、渡辺謙が演じた、若年性認知症の主人公の苦悩と希望。
子育て真っ盛りだったり、働き盛りでなる若年性認知症の問題は、決してひとごとではないと思います。

11/18の朝日新聞の天声人語に、若年性認知症が取り上げられていました。
以下に転記します。

-------------------------(ここから引用です)----------------------
【天声人語】2009年11月18日

私鉄駅のエスカレーターに親子連れがいた。
母の尻ポケットからのぞく異物を男児は見逃さなかった。
「なんでチャンネル持ってきたの?」。
お母さんは「もうやだ。なんでなの」と、リモコンを同伴した己を責めた。
誰にでもある「うっかり」の多くは笑い話で済む。

だがそれは、不注意ではなく長い闘いの兆しかもしれない。
冷蔵庫に何度も空の食器が入っているーーー。
群馬県議会議員の大沢幸一さん(66)は6年前、妻正子さん(60)の異変を確信した。
若年性アルツハイマー病だった。

過日、横浜市であった認知症ケアのシンポジウムで、大沢さんにお会いした。
生命倫理学会の公開行事だ。
「共倒れにならないよう、妻には笑い薬を与えています」という壇上の発言が心に残った。

寝る前、おどける夫に笑ってくれれば、妻も自分も安眠できる。
反応で症状の進行もわかる。
そして、怒らない、ダメと言わない、押しつけないの三原則を自らに課す。
最愛の人の尊厳、誰が傷つけられようか。

認知症は人格が崩れ、やがては抜け殻となると思われがちだ。
しかし、シンポを企画した内科医の箕岡真子さんは語る。
「抜け殻論を乗り越え、患者ではなく一人の生活者として接したい。以前とは違うけれど、その人は感じ、欲し、つながっていたいのです」

人格は失われず、隠されていくと考えたい。
情緒はむしろ研ぎ澄まされるとも聞いた。
介護の技術に倫理や共感の視点を採り入れることで、本人と家族の「人生の質」を少しでも保てないか。
高齢化が問う、重い宿題である。

----------------------------(引用はここまでです)------------------------

明日、あさっての二日間。
若年性認知症を知るセミナーが、名駅の愛知県産業労働センターで開催されます。
わたしも参加して、学んできたいと思っています。
内容については、明日、報告しますね。

--------------------------------------------------
若年性認知症を知るセミナー

日時/平成21年11月27日(金)、28日(土)
会場/愛知県産業労働センター

プログラム(各日共通)
 13:30〜14:30 若年性認知症の医学的理解
         講師 鷲見幸彦(国立長寿医療センター外来診療部長)

 14:40〜15:10 企業内での若年性認知症の実態と支援
         講師 鈴木亮子(認知症介護研究・研修大府センター研究員)

 15:40〜16:10 若年性認知症デイケアの試み
         講師 長屋政博(介護老人保健施設ルミナス大府施設長)

|

« 地方議会の議員年金を廃止するよう意見書を出しました | トップページ | なぜ認知症はみんなにわかってもらえないのか »

認知症になっても安心して暮らせるまちづくり」カテゴリの記事

コメント

認知症は人格が崩れ、やがては抜け殻となると思われがちだ。
しかし、シンポを企画した内科医の箕岡真子さんは語る。
「抜け殻論を乗り越え、患者ではなく一人の生活者として接したい。以前とは違うけれど、その人は感じ、欲し、つながっていたいのです」

投稿: billig ed hardy | 2010年7月26日 (月) 16時11分

はじめまして!
東京の日野市で若年性認知症の方の就労支援をしています。
幾つか記事を拝見しまして、大変参考になりました☆またお邪魔します。

投稿: 発明王 | 2015年1月27日 (火) 19時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/215645/46867338

この記事へのトラックバック一覧です: 若年性認知症をどう支えたらいいのか:

« 地方議会の議員年金を廃止するよう意見書を出しました | トップページ | なぜ認知症はみんなにわかってもらえないのか »