« 本人ネットワーク支援事業実践報告会〜認知症の人の社会参加を考える | トップページ | 地方議会の議員年金を廃止するよう意見書を出しました »

ツイッターで政治が身近に〜広瀬香美が蓮舫議員とツイッター対談

ツイッター」を知っていますか?

140文字以内で、つぶやくというスタイルの気軽さがうけて、ツイッターを利用する人が増えています。
また「つぶやき(ツイート)」はほぼリアルタイムで表示されることから、チャットのような利用もできる、なかなか面白いサービスです。

で、このツイッターを利用した、異色の対談が行われました。
歌手の広瀬香美さんと、事業仕分けで一躍有名になった蓮舫議員の対談です。
後半からは、勝間和代さんも加わって、事業仕分けについて語り合っています。

わたしは勝間和代さんを「フォローしている」いるので、この対談を後追いで読みました。
(※ツイッターでは、特定の人のつぶやきが読めるように「フォロー」するという機能があります)

対談の全容をまとめたブログを、以下にリンクしておきますね。
web探検隊 http://d.hatena.ne.jp/hebita164/20091122/1258906023

一部分を紹介すると
-------------------------(ここから引用です)--------------------

kohmi(広瀬香美)/あのぉ〜〜〜〜蓮舫さん、仕分けってるでしょ、最近。あの、仕分けの話、伺ってもよろしいでしょうか。
renho_sha(蓮舫議員)/仕分け、どうぞ!
kohmi/いつ頃、誰から、「仕分け人」の任命があったのですか?そして、どのくらいの期間、準備をされたのでしょうか。
renho_sha/3週間くらい前に仙谷大臣から仕分けの話をいただきました!

kohmi/この、「仕分け」のお仕事をなさる前、と、なさった後で、新しく感じた事、教えてください。蓮舫さんの思う、新しい問題点を、教えてもらえないでしょうか。
renho_sha/税金の使われ方が、今まで全く見えないところで行われていたことに憤りを感じてます。
kohmi/私達に、見えない形で、税金が使われていたということでしょうか。そういうふうに、今まで作り上げてきたという事なのでしょうか。蓮舫さん、一つでかまわないですので、その、見えない形の具体例を、教えていただけないでしょうか。蓮舫さんが、見えた事、知りたいです。
renho_sha/毛利さんが館長を務められる未来科学館です。
kohmi/どのように、思われたのでしょうか。毛利さんの、未来科学館に着いて、教えてください。
renho_sha/科学未来館の運営は毛利さんが手を出せないように、財団法人に任せられています。その財団法人は文科省の再就職者が理事長、役員にいます。財団法人の人件費を毛利さんが使いやすいような運営費に回せば、もっと素晴らしい科学未来館になると思っています。仕分け現場では毛利さんも同じ思いでした。

kohmi/蓮舫さん、最後に、twitterのタイムラインを楽しんでくださっている沢山のみなさんに、メッセージをお願いできませんでしょうか。よろしくお願いいたします。
renho_sha/事業仕分け、誤解も多いようですが、税金の使い方を根本から変えたいとの思いで臨んでます。

kazuyo_k(勝間和代)/一番効果があることは、政治家のみなさんの生声を、どんどん、私たちに直接、伝えてくださることだと思います。メディアもとても大事ですが、メディアで伝えきれない部分や誤解されがちな部分をTwitterその他で伝えたくださると、一緒に先に進めると思います。
renho_sha/香美さん、和代さん、また今度やりましょうね。
kohmi/蓮舫さん、みんなで、ご活躍を応援しています。私達の代表として、がんばってくださいね。
renho_sha/3人のやり取りを見てくださった皆さんに感謝。みなさん、ありがとうございました。
kazuyo_k/はい、政治は私たちの考えの鏡ですから、離れるのでもなく、揶揄をするのでもなく、一緒に話して、笑って、そして、理解をしながら、コツコツと一緒に、進めて行ければと思います。蓮舫さん、タイムラインを見守ってくださったみなさん、ありがとうございました♡。

-------------------------(引用ここまでです)-------------------------

テレビや新聞、雑誌という大きなメディアを通さないで、直接のやりとり(対談)がインターネットで見られるというのは、とても有意義なことと思います。
政治家というと、とても遠い存在のように感じるかもしれませんが、ツイッターのような新たなツールが距離を縮めてくれるかもしれません。

ちなみに、ツイッターをしている政治家の一覧が載っているホームページがあります。
ツイッターと政治 http://politter.com/

現在、99人の政治家(国会議員、地方議員、地方自治体の首長)が登録されていて、それぞれのツイッターを一度に見ることができます。
ツイッターは日記みたいな部分もありますので、政治家の毎日がどんなものか、リアルタイムで知ることができますよ。
ちなみに、山下律子のツイッターは、一番右までスクロールしてもらって、右から4番目に載っていました。

政治と市民の距離が、どんどん小さくなっていくようで、注目しています。

|

« 本人ネットワーク支援事業実践報告会〜認知症の人の社会参加を考える | トップページ | 地方議会の議員年金を廃止するよう意見書を出しました »

住民主体の政治に変える」カテゴリの記事

コメント

事業仕分け大賛成です。文科省官僚が計画した事業や事業運営に関わるものは、全て廃止すべきです。
文部科学省の仕事は、質の高い教育を提供し、子供達が良い社会生活を送れるようにすることです。ところが、官僚達は、デタラメ政策で子供達の人生を台無しにしました。
大学を天下り機関に変え、世界最低にまで堕落させたのも文科省官僚です。
不登校、退学者20万人、引きこもり、ニート60万人という現実こそ、文科省官僚の無能と腐敗を明らかにしています。文科省は、国民を不幸にする悪性癌です。「『おバカ教育』の構造」(阿吽正望 日新報道)を読むと、すべてが分かります。
不道徳で無責任で腐敗した官僚の行う事業は、国民にとって危険です。
スパコン研究は、文科省を事業仕分けで廃止して行うべきです。

投稿: 大和 | 2009年11月23日 (月) 17時04分

大和 さま

コメントありがとうございました。
お返事が遅くなり、たいへん失礼いたしました。

事業仕分けは、今まで見えなかったものが、国民の目の前で繰り広げられる透明性に、最大の意味があると思います。
何を廃止し、何に税金を使うのか。
大いに議論し、わたしたちも意見を言い合おうではありませんか。
積極的な議論ができればと思っています。

投稿: 山下りつこ | 2009年11月26日 (木) 22時17分

初めまして。
以前から気にはなっていたツイッター。
これをきっかけと思い、始めてみました。

多くのマスコミが偏向報道とは分かっていても、それ以外の情報源が少ないのが現実だと思います。
そういう意味でも、すごく有意義なツールですね。

投稿: とど | 2009年11月27日 (金) 00時44分

とどさま

コメントありがとうございました。
お返事がたいへん遅くなってしまって、失礼しました。

ツイッターはブログより気軽に発信できるのがいいですね。
マスコミを通さない情報発信手段として、有効に利用できると社会が変わりそうな気がします。
ツイッター仲間としても、よろしくお願いいたします。

投稿: 山下りつこ | 2009年12月 5日 (土) 08時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/215645/46836956

この記事へのトラックバック一覧です: ツイッターで政治が身近に〜広瀬香美が蓮舫議員とツイッター対談:

« 本人ネットワーク支援事業実践報告会〜認知症の人の社会参加を考える | トップページ | 地方議会の議員年金を廃止するよう意見書を出しました »