« 地方議会の議員年金について意見をお寄せ下さい | トップページ | ツイッターで政治が身近に〜広瀬香美が蓮舫議員とツイッター対談 »

本人ネットワーク支援事業実践報告会〜認知症の人の社会参加を考える

認知症になった本人が、当事者同士で悩みを語り合う「本人交流会」。
苦しんでいる本人の思いにそった支援ができるように、本人交流会の場を作り、認知症の本人ネットワークを支援していくことが、これからの課題だと思います。

来月の6日(日)に、京都で「本人ネットワーク支援事業実践報告会」が開かれます。
興味のある方は、ぜひ参加ください。

---------------------------------------------------
「認知症を知り地域をつくる」キャンペーン
本人ネットワーク支援事業実践報告会
認知症の人の社会参加を考える

認知症は誰にでも起こりうること。認知症になった時、冷たい視線におびえたり、迷惑をかけないように必要以上に自分を抑えたりすることなく、まわりの人たちとつながりを持ちながら、自分の力を活かして自分らしく生き続けたいというのは、誰しも共通の願いです。このような願いに応える取り組みがはじまっています。認知症の人の思い、実践報告から、認知症になった時に社会の一員として暮らし続けることを考えます。

○本人の発表/「わたしの思い」 山本きみ子・雅英 氏(家族)

○シンポジウム
 認知症の人の今とこれから ---- 生きがいと社会参加
  シンポジスト
  松木香代子 氏(社会福祉法人守里会 デイサービスセンター侶〈とも〉)
  吉川浩之 氏(有限会社なでしこ)
  梅原早苗 氏(若年認知症支援の会・愛都の会)
  勝田登志子 氏(認知症の人と家族の会 富山県支部)
  コーディネーター
  松本一生 氏(松本診療所ものわすれクリニック院長)

○日 時/2009年12月6日(日)13:30 〜 16:00
○開催場所/立命館大学 以学館 1号ホール
  京都市北区等持院北町56-1
  立命館大学衣笠キャンパス
  TEL : 075-465-8149
  市バス50系統 JR京都駅前→「立命館大学前」下車すぐ 市バス205系統 阪急電鉄西院駅→「衣笠校前」下車徒歩10分

○定員/200名
○参加費/無料
○申込先/本人ネットワーク支援委員会
  〒602-8143 京都市上京区堀川通丸太町下る
  京都社会福祉会館2階
  (TEL)075-811-8195 (FAX)075-811-8188

詳しくは、以下のホームページをご覧下さい。
認知症の本人交流ページ
 http://www.dai-jobu.net/news/2009/11/houkoku.php

|

« 地方議会の議員年金について意見をお寄せ下さい | トップページ | ツイッターで政治が身近に〜広瀬香美が蓮舫議員とツイッター対談 »

学習会・講演会の案内」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/215645/46833111

この記事へのトラックバック一覧です: 本人ネットワーク支援事業実践報告会〜認知症の人の社会参加を考える:

« 地方議会の議員年金について意見をお寄せ下さい | トップページ | ツイッターで政治が身近に〜広瀬香美が蓮舫議員とツイッター対談 »