« 認知症で苦しむご本人の思いを聞く | トップページ | 市民と政治をつなぐP-WANオープン »

小規模多機能型居宅介護の勉強会を開きます

介護が必要になっても、住み慣れた自宅で暮らしたい。
そんな高齢者の願いをかなえる新しい介護サービスとして、注目されている「小規模多機能型居宅介護」。
いったいどんなサービスが受けられるのか、知りたいという方も多いのでは。

そこで、おいまち会の公開講座として、小規模多機能型居宅介護の勉強会を行います。
講師として話をしてくれるのは、有料老人ホームやグループホーム、小規模多機能などを運営している(株)ほほえみの杉浦義教さんです。

杉浦さんが運営している小規模多機能型居宅介護「ひらばり」については、前にブログで紹介していますので、くわしくは以下をクリックしてください。
喫茶店がある「小規模多機能型居宅介護ひらばり」

------------------------------------------------------
老い支度勉強会
小規模多機能で在宅を支える
 〜小規模多機能施設「ひらばり」の報告〜

住み慣れたまちで暮らすことを支援するために、新しい介護保険のサービスとして始まった小規模多機能型居宅介護。
東郷町にはまだないサービスですが、できるだけ自宅で暮らしたいという高齢者の願いをかなえるために必要なサービスです。
小規模多機能とはどんな介護サービスなのかを、有料老人ホーム、グループホーム、小規模多機能などの介護施設を運営している「ほほえみ」の杉浦義教氏をお迎えして、お話いただきます。
ぜひお気軽にご参加ください。

  講師: 杉浦義教氏((株)ほほえみ 代表取締役)
  日時: 11月14日(土) 午後1時30分〜3時30分
  場所: いこまい館・2階 会議室B
  主催: 老いても安心まちづくりの会(おいまち会)
  定員: 先着30人
  参加費:200円(支払いは当日会場受付で。会員は無料です)

※参加ご希望の方は、氏名・住所・電話番号を明記の上、右上の「メール送付」からE-mailでお申し込み下さい。

「老いも安心まちづくりの会(おいまち会)」とは?
介護が必要になっても、住み慣れた自宅や、なじみの場所で、最後まで自分らしく尊重されながら暮らしたい。そんなあたりまえの願いを、だれもがかなえられる。そんなまちづくりをめざして活動する市民ボランティア団体です。

|

« 認知症で苦しむご本人の思いを聞く | トップページ | 市民と政治をつなぐP-WANオープン »

学習会・講演会の案内」カテゴリの記事

コメント

先日26日はお忙しい中をお出でいただいてありがとうございました。
お帰りになられてから、ああすれば良かった! こうすれば良かったと
反省ばかり。
充分な御もてなしも出来ず申し訳ありませんでした。でも東郷町の住民の方々は本当に幸せだとづくづく思いました。こんなに真剣にそこまで来ている
高齢化の波に対処してくださる議員さん有識者の皆さんで羨ましいかぎりです。
皆様の熱意で反対に 強烈な百人力パワーをいっぱいにいただきました。
ありがとうございました。当分は東郷パワーでがんばれます。

                     よりあい茶屋「ひらばり」マスター山田より

投稿: ほほえみ | 2009年10月31日 (土) 21時22分

よりあい茶屋「ひらばり」マスター山田さま

今日は、お忙しい中、小規模多機能の勉強会の講師役として、4名の方々に来ていただきまして、心から感謝しています。
ありがとうございました。

住み慣れたまちの中で暮らす仕組みづくりをめざして、がんばっていきたいと思っています。

投稿: 山下りつこ | 2009年11月15日 (日) 00時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/215645/46627004

この記事へのトラックバック一覧です: 小規模多機能型居宅介護の勉強会を開きます:

« 認知症で苦しむご本人の思いを聞く | トップページ | 市民と政治をつなぐP-WANオープン »