« 議会だより編集特別委員会委員の辞任届を出しました | トップページ | 「社会的入院」も「社会的退院」も、どちらも問題 »

辞任届は出しましたが、実質的に仕事は続けています

昨日のブログで、議会だより編集特別委員会の委員を辞任することを決意し、近藤議長宛に辞任届を提出したと報告しました。

議会事務局長に「議長に渡してください」とお願いして託したのですが、すぐに議長のもとに届けていただいたようで、議長にあとで報告の電話を入れたときには、すでに辞任の件はご存じでした。

で、今日の朝。
議会だより編集特別委員会の星野委員長から、電話がありました。
「用事で夕方の5時まで戻れない。議会だよりの記事の入れ替え指示を印刷所にしてください」という内容。辞任の意思は昨日の夕方、星野委員長にもお伝えしてあったのですが、最終段階に入っている議会だより93号の編集作業を途中で放り出すわけにもいかないので、午前中は議会へ。
なぜか他の編集委員は1人もおらず、昨日の編集委員会で行った校正内容も印刷所への指示として整理されていないまま。
この状態でほかっておくと印刷所に迷惑をかけるので、委員会で決まったとおり、細かい校正直しの指示と、原稿差し替えの指示を書き込み、議会事務局に預けて帰りました。

議会だよりの編集作業における実務的な部分(原稿のデータ入力、原稿整理、印刷所へのレイアウト指示、印刷所への写真・原稿データ入れ、校正直し指示など)は、ほとんどすべて、わたしが1人でやっているというのが現状です。

「こうした部分は議会事務局にお願いしたい」と、委員長にも議会事務局長にも、何度もお願いしてきたのですが、受け入れてもらえないまま。
1人の委員に加重に負担がかかっているという問題や、この状態でわたしに何かあったら議会だより発行に支障が出かねないという不安もあり、今回の辞任を機に、議会だより編集のあり方を根本的に議会全体で考えて欲しいという思いもあります。

ほかの用事を済ませ、夜、家に戻ったら、再び委員長から留守電が入っていました。
「明日の朝、最終校正をするので、8時半に来てください」とのこと。

辞任届は出しましたが、実質的な仕事はこうして続いています。


|

« 議会だより編集特別委員会委員の辞任届を出しました | トップページ | 「社会的入院」も「社会的退院」も、どちらも問題 »

議会報告」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/215645/46487410

この記事へのトラックバック一覧です: 辞任届は出しましたが、実質的に仕事は続けています:

« 議会だより編集特別委員会委員の辞任届を出しました | トップページ | 「社会的入院」も「社会的退院」も、どちらも問題 »