« 寝たきり老人専用アパート問題を考えるシンポジウム | トップページ | 障害ってなんだろう? »

有料老人ホーム調査員セミナー終わりました

今日は、「介護施設と地域を結ぶ市民の会」主催の住宅型有料老人ホーム調査員セミナーがあり、わたしが講師役を務めました。

介護施設と地域を結ぶ市民の会は、2001年に設立した市民ボランティア団体です。
自分たちが入りたい介護施設を選ぶための情報を集め、ホームページで情報公開することが活動の主軸。これまでに、愛知県内の特別養護老人ホーム、有料老人ホーム、ケアハウス、グループハウスの調査を行ってきました。

今年度は、愛知県内の住宅型有料老人ホームを調査することになり、訪問調査に行く調査員養成のためのセミナーを企画。今日、無事に終わったというわけです。

市民ボランティアによる調査ですので、調査員に対しては交通費も謝礼もありません。
ボランティア調査員が手弁当で(交通費は自分持ちで)訪問するのが基本。
それだけに、訪問する先の施設長も、その熱意を汲んでくれて、本音でいろいろと語ってくれるのだと思っています。

今回集まった調査員は、看護師やケアマネジャー、介護施設職員など、介護や医療のプロの方から、親の介護経験者や有料老人ホーム入居者、自分の将来のために勉強したいという方まで、バラエティ豊かな顔ぶれでした。
訪問は基本的に2人か3人で、複数の目で行うことにしています。

今月はじめに県内の68施設に調査アンケートを送付。
現在までに14施設から回答が戻ってきています。
回答の締め切りは今月末ですので、協力してくださる施設がもう少し増えるだろうと期待していますが、市民の目線がなにかと閉鎖しがちな介護施設に入ることで、いい影響がでるようにしていきたいと願っています。


|

« 寝たきり老人専用アパート問題を考えるシンポジウム | トップページ | 障害ってなんだろう? »

雑感あれこれ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/215645/46320679

この記事へのトラックバック一覧です: 有料老人ホーム調査員セミナー終わりました:

« 寝たきり老人専用アパート問題を考えるシンポジウム | トップページ | 障害ってなんだろう? »