« 認知症の人の「働きたい」という思いをかなえるデイサービス | トップページ | ネガティブキャンペーンにげんなり »

子どものいる空間が高齢者を元気にする

高齢者の施設を訪ねると、子どもの力を実感する時がある。
特に、年端もいかない幼児や赤ちゃんには、認知症のお年寄りを元気にする力があるようだ。
(子どもと高齢者が一緒に過ごす「富山型デイサービス」については、こちらを参照)

名古屋市には、保育園と特別養護老人ホームを併設した施設があって、園児がお年寄りにコーヒーを持ってきてあげたりという姿が日常風景になっている。
三重県にも認知症グループホームと学童保育が一緒になったところがある。

東京都小金井市の「地域の寄り合い所 また明日」は、認知症デイサービスと保育園が一緒になった地域のたまり場的存在とのこと。
ネットで紹介記事を見つけたので、以下に紹介する。

------------------------(ここから引用)----------------------

お年寄りと園児が「ひとつ屋根の下」
東京都小金井市の静かな住宅街。
セミの声がそこかしこから聞こえる中を歩いていくと、デイホームと保育園がひとつになった「地域の寄り合い所 また明日」の“長屋”が見えてくる。

また明日」は2階建てのアパートを改装し、1階部分、5世帯分の部屋の壁を取り払い、認知症対応型通所介護施設と認可外保育施設にしているほか、地域の交流スペースにもなっている。

長い部屋の奥では、お年寄りがゆっくりと体操をしている。
その傍らでは、揺りかごの中の赤ちゃんから就学前までの園児が、職員や、夏休みで遊びに立ち寄った小学生たちと元気に過ごす。

この“長屋”を切り盛りするのが、管理者で介護福祉士の森田和道さんとNPO法人代表で保育士の真希さんの夫婦だ。
森田和道さんは「幼稚園と同じ敷地内にある介護施設もあるが、仕切りがあるかどうかで違うのでは。ここの雰囲気は独特なのかもしれない」という。

デイサービスは1日に平均7人ほどが利用する。
保育所の定員は8人だったが、子どもが地域の保育園に入り切れなくて困っていたお母さんの要望もあって、12人に増やした。

お年寄りと小さな子がひとつの空間にいるが、一緒になってするのは、朝一番の「おはようございます!」のあいさつと、園児が散歩する時に、お年寄りが行きたいと思えば付き添いの職員と共に付いていくことくらいだという。
同じ空間にいるだけで十分だというのだ。
「ずっと一緒にいれば、お互いに疲れてしまう」。

お年寄りにも介助し過ぎることなく、なるべく自分でできるようにサポートする。
自宅で座りっぱなしのお年寄りが、子どものそばに寄っていって「何しているの?」と声を掛けることもある。
転倒しないように職員が見守るが、まずはお年寄りの心が動くことが大切なのだそうだ。

ベイブレード(べーごま)で子どもとお年寄りが遊ぶ。
お年寄りがうまくできないと、子どもが遊び方を教えて、お年寄りがその子をほめる。

子どもたちも、お年寄りがそばにいることが普通だと思っている。
一緒にいるとその子の動きも変わり、おばあちゃんがそばを通るときは、走り回っていても立ち止まったり、通り道を空けるなど、気遣うのだという。

時には、公園やサークルに居場所を見つけるのかちょっと難しい、子育て中のお母さんがやってくるという。
地域の交流スペースとしても機能しているのだ。

森田和道さんは言う。
「誰もが与えられるだけでなく、誰かに充足感を与えられる存在ではないか。そんな支え合いが地域社会に広がっていけばいい」。
「また明日」は、そんな地域社会の結節点なのかもしれない。

2009/08/21   キャリアブレイン
------------------------(引用ここまで)--------------------------

人はだれかとつながって生きている。
お年寄りだけを集めた生活空間より、時に、子どもの笑い声が聞こえたり、赤ちゃんの泣き声が聞こえる空間の方が豊かではないだろうか。

認知症の高齢者だけを集めて隔離したりしないで、いろんな人がつながりあう社会の中で、支えていきたい。


|

« 認知症の人の「働きたい」という思いをかなえるデイサービス | トップページ | ネガティブキャンペーンにげんなり »

認知症になっても安心して暮らせるまちづくり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 子どものいる空間が高齢者を元気にする:

» 在宅介護 [在宅介護]
在宅介護が今後、介護の主流になりそうです。在宅介護をやり遂げるために必要な在宅介護の知識やノウハウを紹介したブログです。 [続きを読む]

受信: 2009年9月 1日 (火) 14時43分

« 認知症の人の「働きたい」という思いをかなえるデイサービス | トップページ | ネガティブキャンペーンにげんなり »