« WAN名古屋集会で、つながる大切さを再確認 | トップページ | ストレス解消 »

議員2年目を振り返って〜1年間でこんな質疑をしました

議員になって2年目の活動の総括として、去年1年間の一般質問について振り返ってみました。
その後の状況も合わせて、報告します。

【この1年で、こんな一般質問をしました】
●6月議会
モデル事業として兵庫小学校で始まった「放課後子どもプラン」事業や、平成21年から3年間の東郷町での介護サービス内容を決める第4期高齢者保健福祉計画などについて質疑しました。

1 放課後子どもプラン及び学校開放について
2 いこまい館見直し方針について
3 第4期高齢者保健福祉計画について

【おもな質疑】
【山下】「放課後子どもプラン」を実施する目的は。
【教育部長】放課後や休日の安全・安心な児童の居場所づくりが目的。地域住民の参画を得ながら、地域の中で子どもたちが心豊かに育つことを目的とする。
【山下】
いこまい館の見直しで、診療所の移転を行うという町の方針が見直される可能性はあるか。
【企画部長】診療所運営委員会での検討結果によっては、「移設」が見直されることもある。
【山下】
介護保険の認定を受けても利用しない人がいるが、東郷町では何人か。訪問して理由の把握をすべきでは。
【福祉部長】
平成20年3月末現在で、認定者883人のうち利用していないのは250人。計画策定時にアンケートで要介護の人全員に調査する。

         ↓ 

一般質問 その後
○ 放課後子どもプラン/昨年40人定員→今年は50人定員に
○ いこまい館の見直し/診療所運営委員会は、「診療所は廃止・いこまい館への移設は無理」と答申。だが、町からはまだ正式な見直し方針の転換表明は出ていない。
○ 介護認定を受けても利用していない人に対して/認定で非該当となった人と合わせて、地域包括の職員が訪問して状況把握をしている。


●9月議会
元気で長生きするための介護予防の取り組みや、地震時に命を守るための家具転倒防止対策などについて質疑しました。

1 介護予防への取り組みについて
2 たまり場づくりについて
3 家具転倒防止対策の推進について

【おもな質疑】
(山下)いこまい館で実施している介護予防教室は「足がなくて参加できない」との声がある。地域のコミセンなど、歩いていける場所で行う意向は?
(福祉部長) 「いきいき出前講座」を充実させ、ある程度の人数が集まれば、地域に出向いていく体制を作っていきたい。
(山下)認知症は早期発見・早期治療が大切。少しでも早く発見し、適切な専門機関につなぐために、どんな取り組みをしていくか。
(福祉部長)
 早期発見のためには、認知症の正しい理解が必要。地域に認知症の正しい理解者を増やすため、認知症サポーターの養成講座を開催していく。
(山下)家具転倒防止の周知に、地域で専門家による講習会を開いては。
(総務部長)家具の転倒防止は災害時の被害を減らす大きな手段だが、現時点では講座までは考えていない。

         ↓ 

一般質問 その後
○ 介護予防/地域包括支援センターによる介護予防教室の出前講座を実施
○ たまり場づくり/諸輪住宅でのモデル事業は継続中。その他の地域でも実施できるよう、要綱づくりなどに取り組み中。


●12月議会
12月議会では、最後まで自宅で暮らせるまちづくりのために、在宅支援の充実を中心に質疑しました。

1 第四期東郷町高齢者保健福祉計画の進捗状況は
2 介護相談員派遣事業について
3 高齢者・障がい者への住宅支援について
4 自宅で住み続けるための地域での支え合いネットワーク整備について

【おもな質疑】
(山下) 最後まで自宅で暮らしたいという希望が多い。在宅支援の施策は?
(福祉部長)第4期計画で在宅支援を重点と位置づけ、小規模多機能居宅介護は、サービス事業者と整備について話し合いの場を設けていきたい。
(山下)介護保険の住宅改修に受領委任払いを導入し、はじめから1割の支払いで済むようにできないか。
(福祉部長)平成21年度早々に、導入する。

         ↓ 

一般質問 その後
○ 住宅改修費の支払い/福祉用具とあわせ、受領委任払いを年内に実施。


●3月議会
だれもが安心して地域で暮らせるよう虐待防止や成年後見制度の推進、行政のムダを見直すための第三者評価による事業評価などを質疑しました。

1 高齢者虐待防止について
2 権利擁護のための成年後見制度推進について
3 行政の事業評価に第三者評価を
4 東郷診療所の今後のあり方

【おもな質疑】
(山下)悪徳商法の被害などを防ぐために、成年後見制度の利用支援が必要では。
(福祉部長)
成年後見制度の普及は重要であり、力を入れていきたい。
(山下)行政の事業評価は第三者評価委員会で行い、そこに住民代表や外部の専門家を入れるなど透明性を高めるべきでは。
(町長)第三者による事業評価を行えるよう、次の総合計画策定に向け検討する。

         ↓ 

一般質問 その後
○ 成年後見制度の推進/今年度、愛知県社協から東郷町社協に補助金がおりた。総合的な権利擁護事業をすすめるために、現在、役場の関係部署と社協職員で検討を重ねている。

|

« WAN名古屋集会で、つながる大切さを再確認 | トップページ | ストレス解消 »

議会報告」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/215645/45704488

この記事へのトラックバック一覧です: 議員2年目を振り返って〜1年間でこんな質疑をしました:

» 国民保険 [国民保険]
国民保険 [続きを読む]

受信: 2009年7月22日 (水) 03時32分

» カントリー家具 [カントリー家具]
カントリー家具は昔ながらの味わいをいつまでも漂わせる、風情豊な家具・・・カントリー家具の魅力はいつまでも飽きの来ない作りにあります。カントリー家具は他にも魅力がいっぱい。カントリー家具はハンドメイド調の魅力もあります。そのカントリー家具について検証してみました。... [続きを読む]

受信: 2009年7月24日 (金) 13時09分

» 家具高価買取リサイクルショップ販売情報 [家具高価買取リサイクルショップ販売情報]
家具高価買取リサイクルショップ販売の情報です。 [続きを読む]

受信: 2009年7月24日 (金) 16時39分

« WAN名古屋集会で、つながる大切さを再確認 | トップページ | ストレス解消 »