« ばたばた準備中です | トップページ | ドイツの介護保険の改革に学ぶ »

寝たきり専用賃貸住宅に行ってきました

無届け施設の問題が、マスコミで報道されるようになってから、
わたしのもとにも、新聞社やテレビ局から、取材の電話がちょくちょく入ります。

いつも聞かれるのが、「寝たきり専用施設」について。
この「寝たきり専用施設」についての問題については、以前にもブログで紹介しています。
寝たきりの高齢者を対象にした“賃貸住宅ビジネス"が増加
実際に訪問してきてのレポートを、ブログで紹介しようと思いながら、延び延びになっていたのですが。
とりいそぎ、以下に載せますね。

----------------------------------------------

寝たきり高齢者専用を
名乗る施設が増殖中!

各地で療養型病床の廃止が続く中、「寝たきり高齢者専用」を標榜する施設が増えている。
調査で電話した時も、「うちは要介護4・5以上の寝たきりの人だけ」と答えた住宅型有料老人ホームが数カ所あった。
知り合いのケアマネから、「要介護5の寝たきりで、医療的なケアが必要な人を紹介して欲しいと、回っている事業者がいるよ」という話を聞き、いったいどんな施設なのかと出かけてみた。

訪れたのは、名古屋市名東区にある「メディカルスイート牧の原」。
ホームページでも「寝たきり専用賃貸住宅」と表記している。
玄関は鍵がかかっており、インターホンを鳴らすと「病院からの紹介ですか」との声。
「母が入院中で、見学させてほしい」と答えると、中に入れてくれた。

ドアを開けると、ロビーも何もない殺風景な玄関。
5階に行くと、廊下に面して左右に部屋がずらり。
明かり取りの小窓しかない4畳半ほどの部屋には、洗面所もトイレも収納棚も何もない。
緊急の際に人を呼ぶナースコールすらない。

ここでは介護・看護スタッフは3時間に1度巡回するのみとか。
「食堂はどこに」と聞くと、「経管栄養の人しかいませんから、ありません」という言葉が返ってきた。
誰とも話さず、食べる楽しみもなく、寝たきりのまま最後を待つ日々を思うと、暗澹たる思いがする。

利用料は月に13万(要介護4なら18万)。
頭金として約61万円が必要だという。介護の質をチェックする公的な仕組みがぜひとも必要だと、痛切に感じた。

--------------------------------------------------

上記の記事は、わたしが発行している介護情報誌「ぬくぬく」に掲載したものですが
原稿の字数が制限されている関係で、かなり省略した報告になっています。
覚え書き用に、もっと詳細に書いたものもあったのですが、パソコンが故障した時に消えてしまいましたので、覚えている範囲で、少し補足します。

メディカルスイート牧の原は、外側から見ると、高齢者の介護をしている建物だとは思えません。
窓も小さく、賃貸住宅というようにも見えません。
(賃貸住宅で普通はある、ベランダはおろか、室内に洗面所もトイレも調理ができる場所も、ありませんから。ただのビルのような外観です)

玄関から入って、まっさきに目に入るのは、がらんとした廊下。
とりかく、人の気配がまるでないという印象です。
1階には、寝たままで入れる機械浴が設置された浴室があり、居室は2〜5階。
居室は廊下をはさんで両側にずらりと並んでいました。

居室は、なにもない、ただの箱。
小さな明かり取りの窓があるだけで、ただベッドだけが置いてあります。
あくまで「寝たきり専用賃貸住宅」ということなので、介護は外部から訪問介護(ヘルパー)と訪問看護が、3時間に1回あるだけで、建物内に常時だれかが常駐しているわけではありません。
なので、緊急時にナースコールで助けを呼ぶという設計になっておらず
「定時の巡回以外の時に、助けを呼びたい時は?」
と質問すると
「巡回時間以外にはだれもいませんから。たまたま、巡回で廊下にいる時に呼び声が聞こえたら、見に行けるかもしれませんけど」
との答え。
要介護4・5で、経管栄養という重度の高齢者が入っているのに、緊急時の対応もできないことに対しては、大きな疑問を感じました。

|

« ばたばた準備中です | トップページ | ドイツの介護保険の改革に学ぶ »

介護施設見学レポート」カテゴリの記事

コメント

寝たきり専用賃貸住宅の記事を読ませていただきました。思い起こすこと数年前、三重県の四日市市に想像するに同じような施設がありました。そこは寝たきりではないですが、食事であれば定期におにぎり等が配られて、とても介護と言えるものではなく、最終的には県の調査が入り閉鎖となりましたが。
同じ二の舞になる施設であると感じます。
悲惨な生活と言える個人の人権はどうなるのか・・・。
ただし認可施設の介護方法などが、その人らしさを尊厳として律しているかと言えば・・・・。
介護に思うことは認可されていることが良いことであるのではなく、常に人として尊厳を大切にしているかであると思います。
話がそれてしまいましたが。
国や県などの行政機関は無認可施設の基準を明確にすべきであると思います。

投稿: てしま | 2009年6月 5日 (金) 19時06分

てしまさま

コメントありがとうございます。

四日市市の施設は、県の調査が入って閉鎖となったのですね。
ブログで載せた施設について、愛知県の有料老人ホームの監査担当者に相談したのですが、食事提供をしておらず(胃ろうの人しか入れないので、食事は提供せずとの話)、介護も外部サービス利用(書類上は)ということで、有料老人ホームに該当しないとのこと。
賃貸住宅扱いでは、指導監査の対象にならないと言われてしまいました。

ただ、「たまゆら」の火災の事件がおこる前でしたから。
国が無届け施設にも、調査に入るべきという姿勢を打ち出した今なら、対応が違ってきているかもしれません。

なんにせよ、入居者の尊厳や人権が守られないような施設に対しては、行政機関がきちんと調査・指導することが必要だと思います。

投稿: 山下りつこ | 2009年6月 5日 (金) 21時24分

 これ、実はタイヘンな事実ですよね・・。なんとかなってほしいです。どうすればいいのかわからないですけど。。

投稿: bamboo | 2009年6月 7日 (日) 23時10分

bambooさま

そうです。たいへん怖い事実だと思っています。
無届け施設の問題については、「高齢者の介護施設」とみなされるものについては、県が監査に入ることができるようすべきという動きもあります。

でも、一番の問題は、「良くない施設かも?」と思いながらも、そこに入れざるを得ない家族がいるということです。
要介護5で経管栄養・寝たきりの人でも、尊厳をもって安心して介護できる場所(またはシステム)を作らないと、解決にならないと思います。

投稿: 山下りつこ | 2009年6月 8日 (月) 19時57分

看護師をしていまして…このメディカルスィートで働こうと思っていた者です

この施設 『訪問』と言っていますが実際は建物内にスタッフが常駐しています 常駐する部屋…ナースステーションの様な所から 各部屋に訪問する訳です

何となく法律ギリギリの運営をしている感があり就職を辞めました

しかし寝たきりの家族を抱えた場合にはありがたい施設と思います

投稿: やすだ | 2009年6月12日 (金) 19時19分

やすださま

コメントありがとうございます。
たしかに、寝たきりの高齢者を抱えている家族には、ありがたい施設だと思います。
ですが、
そこに入れられたご本人は、幸せなのだろうか?
と疑問に思ってしまうのも、また一面です。

施設内にスタッフが常駐しているのなら、なぜナースコールがついていないのでしょう?
3時間おきの巡回時にしか、声は届かない。
せまいながらも個室ですから、隣のベッドの入居者と話すこともできない。
だれとも口をきかないまま、じっと天井を見て寝ているだけ・・・。
これが死ぬまで続くと考えると、暗澹たる気持ちがします。
(あくまで、自分がこの施設に入ると考えた時にです)

介護保険の基本理念に、「自己決定」「自己選択」がありますが
介護施設に入る場合、本人が自分で選んで(望んで)決めたというケースはまれです。
施設内でどんな介護が行われているかも、どれだけきちんとチェックされているでしょうか。

年をとって介護が必要になった時こそ
ひとりの人間として尊重され、選べる自由が必要であり、
そのための仕組み作りが求められているのだと思います。

投稿: 山下りつこ | 2009年6月12日 (金) 23時14分

はじめまして。
偶然ここの記事を見つけました。
数年前、メデカルスイート関連施設で働いていました。
確かにここは・・・入居者の方の事を思っている職員もいましたが、
入居者の方たちが、殆ど発語できない上に、
外部からの目も殆どないという異常に閉ざされた空間のため、
一部の職員が良い様に振舞っていました。
2度と関わりたくはありません。
色々な意味で、外部からのメスが必要な施設だと思います。

投稿: 元職員 | 2010年1月19日 (火) 18時48分

元職員さま

ブログを読んでいただいて、ありがとうございました。
また、書き込みもしていただき、感謝です!

メディカルスイートで働いていたからのお話は、貴重です。
率直なお話をありがとうございます。
やはり、外部の目がほとんど入らない空間は、良くないですね。
外部から、どうメスを入れていくか、知恵を絞らなければと思っています。

投稿: 山下りつこ | 2010年1月21日 (木) 23時20分

以前同じ会社の施設で働いていましたが、そこは、家族の面会もほとんどなく、預けっぱなしの家族が多く介護に疲れた方や、虐待寸前だったり医療行為が必要で受け入れ先のない、行くところがない寝たきりの方、が安心して入居されていると聞いていました。現状老人の孤独死の軽減や介護負担の軽減にはなっていないのでしょうか?入居されている方の中には会話できたりする方もいてすべての施設が放置しているわけではないと思います。実際要介護5や4で、自宅で介護されてる方もしてる方も長くなると両者ともにこのような施設を利用したくなるのでは?と私は思ってしまいます。自分が愛する人たちの大切な余生を使ってしまう罪悪感から私は入居を希望するかもしれません。これは個人の意見として聞き流してください。あまりにもよくないことばかりが注目されているので、自分が、子供の自由をうばうなら入居したいと思う人もいることを知ってほしいです。

投稿: | 2016年3月29日 (火) 01時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/215645/45232070

この記事へのトラックバック一覧です: 寝たきり専用賃貸住宅に行ってきました:

» ケアマネージャー・介護支援専門員の求人募集転職情報 [ケアマネージャー・介護支援専門員の求人募集転職情報]
とても高待遇なケアマネージャー・介護支援専門員の求人募集転職の情報です。 [続きを読む]

受信: 2009年6月10日 (水) 18時48分

» 土地 売却 [土地 売却]
土地 売却 [続きを読む]

受信: 2009年6月13日 (土) 09時52分

» 土地 評価額 [土地 評価額]
土地 評価額 [続きを読む]

受信: 2009年6月13日 (土) 12時58分

» 土地 愛知 [土地 愛知]
土地 愛知 [続きを読む]

受信: 2009年6月13日 (土) 15時05分

» 土地 所有権 [土地 所有権]
土地 所有権 [続きを読む]

受信: 2009年6月13日 (土) 17時54分

« ばたばた準備中です | トップページ | ドイツの介護保険の改革に学ぶ »