« わたしがグループホームに望むこと | トップページ | お気に入り »

みんなで住まう安心感を!コレクティブハウスという新しい暮らし方

終のすみかとして、有料老人ホームを選ぶ高齢者が求めるものって?
何だと思いますか?

いざという時の安心感や、日常の家事(特に食事作り)負担の軽減・・・。
1人暮らしは淋しい、話し相手が欲しい・・・などなど。
まとめてみれば、
①ふれあいのある暖かい暮らし
②夜中でも助けが求められる安心感
かなと思います。
つまり、ふれあい&安心感 です。

こうした「ふれあい&安心感」のある暮らしとして、今、注目を集めつつあるのが
コレクティブハウス です。

コレクティブハウスとは、プライベートな住居部分と、住民が共同で利用する居間や食堂などがある集合住宅のことを指します。
プライバシーは確保しながら、共有の食堂で一緒に食事をしたりと、生活の一部を共有する。
賃貸の集合住宅なのに、人とのふれあいや助け合いがあるという新しい暮らしが、コレクティブハウスなのです。

もともと、コレクティブハウスは北欧で生まれ、北欧では既に暮らし方のひとつの選択肢として定着しているそうです。
働く女性が、家事の負担を減らして豊かな暮らしを送れるようにと始まったもので、子育てや家事のシェアをそこに住む住人が行うことで、個人の負担を減らしているのだとか。

日本では、まだコレクティブハウスの実例は少なく、あまり知られていないのですが、1人暮らしをする高齢者や、1人親で子育て中の人などには、利点が多いと思います。
ひとつの例として、大阪市にあるコレクティブハウスのホームページを見つけたので
以下にリンクしておきます。
ふれあいのある集合住宅「コレクティブハウス」
『しまんと荘』

しまんと荘は、身障者やシングルマザーが入れる共同住宅を作ろうと、2003年にできたようです。

コレクティブハウスについて知るにつれ、どうしても自分の目で見てみたいと思い立って
明日、神戸市までコレクティブハウスの取材に行ってきます。

くわしい報告は、帰ってからということで。
楽しみにお待ちください。

|

« わたしがグループホームに望むこと | トップページ | お気に入り »

終のすみかの探し方」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/215645/44726074

この記事へのトラックバック一覧です: みんなで住まう安心感を!コレクティブハウスという新しい暮らし方:

« わたしがグループホームに望むこと | トップページ | お気に入り »