« 支え合いマップづくり全国ネットワークが発足しました | トップページ | 延長で夜の10時半過ぎまで議会でした »

一般質問終了し、明日は議案質疑です

3月議会での一般質問、ぶじに終わりました。

今回、わたしは
高齢者虐待防止、成年後見制度の推進、事務事業評価への第三者評価の導入について、東郷診療所の今後のあり方、の4項目について取り上げました。

今日の質疑の中で、成果としては
○高齢者虐待防止のためにも、認知症サポーターを大幅に増やし、認知症の正しい理解と支援を!というわたしの提言に対して、長寿介護課が積極的な答弁を行ったこと。
(この1年で、認知症の方をまちで支援していこうという姿勢を行政がはっきり示すようになったことは、大きな前進だと思っています)

○成年後見制度の推進のために、現在、相談窓口となっている地域包括支援センターだけの体制では、不十分であり、今後、もっと拡充あるいは別の推進体制をつくることまで見据えた答弁が出たということ。

○行政の事務事業の評価や見直しについて。
第三者評価委員会や、外部の専門家による見直しを入れるというわたしの提案に対して、町長から「現在は内部評価の確立に努力している段階だが、できるだけ早い時期に外部評価を行っていくよう、第5期総合計画の中でも位置づける」という前向きな答弁があったこと。

思うような成果が得られなかったのは、東郷診療所についての質疑でした。

特に、630万円もかけて医療コンサルタントに診療所の経営診断を依頼し、その報告書が診療所のあり方を討議している診療所運営委員会に提出されていることに対して。
わたしは、
「すべての情報が住民に開かれ、だれもがコンサルタントの報告書や、診療所運営委員会で討議されている内容が記録された議事録を、町のホームページで見ることができるよう、早急に公開してほしい」
と質疑したのですが。
これに対する町長の答弁が
「まだ診療所運営委員会から、答申が提出されていない。提出されるまではホームページでの公開はできない」
という、非常に情報開示に対して消極的なものであり、
ふだんから「情報の透明化が大事」と公言していらっしゃる町長の発言とは思えない答弁に、たいへん残念な印象を受けました。

町から町民への情報公開がないのであれば、情報開示請求を行うなど、対策を考えていく必要があると思っています。

くわしい報告は、また別の日に行わせていただきますね。

明日は議案質疑がありますので、用意のために今日のブログはここまで。
議案質疑は、午後2時半〜くらいから。
わたしを含め、9人の議員が行う予定です。

|

« 支え合いマップづくり全国ネットワークが発足しました | トップページ | 延長で夜の10時半過ぎまで議会でした »

議会報告」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/215645/44246522

この記事へのトラックバック一覧です: 一般質問終了し、明日は議案質疑です:

« 支え合いマップづくり全国ネットワークが発足しました | トップページ | 延長で夜の10時半過ぎまで議会でした »