« 東郷診療所のいこまい館移設の可能性は? | トップページ | 「東郷診療所廃止」の答申を受け、いこまい館の見直しも白紙に? »

議会最終日でした

21年度の予算を審議する3月議会。
いよいよ最終日の今日は、ひとつひとつの議案に賛成・反対の採決を行いました。

議案として出たのは、行政からの31議案+議員提案の4議案。
議員から議案提案するのは、通常は少ないのですが、今回は東郷町議会議員の定数を変える議案や、議員の報酬を7%削減する議案など、4つの議案を提案。
それぞれの議案は、賛成・反対の採決を行う前に、なぜ賛成(反対)するのかという理由を述べ、ほかの議員に賛同を求める討論が行われます。

35議案のうち、一番活発に討論が行われたのは、
「東郷町議会の議員の定数を定める条例の一部改正について」
議員の定数を、現在の20→16に削減するという議案
でした。
反対討論は、4人。
賛成討論は、7人。
合わせて、11人の議員が自分の意見を議場で述べたことになります。

わたしは、賛成討論をしました。
なぜ、議員定数の削減(20→16)に賛成したのか、議場で述べた討論の原稿を紹介することで、わたしの考えを明らかにしたいと思います。

以下、わたしの賛成討論原稿です。
---------------------------------------------------------

地方自治法の改正や、地方分権の推進に伴い、地方議会の役割が変わってきました。
一元代表制をとる国政と異なり、地方議会は執行者である首長と、議決を行う議会議員が、ともに選挙で選ばれる二元代表制をとっています。
また地方議会には、住民が直接、議会に意見をいい、参加するための仕組みとして、「請願・陳情」の制度が設けられています。

さきほど、反対討論の中で、議員定数を減らすのに反対の理由として、「議員の定数は住民が政治に参加する権利を保障するものであり、議員の数が減れば住民が政治に参加する権利を阻害する」という意見が表明されました。
こうした見解に反論させていただきます。

住民が議会を通して政治に参加する権利は、単に議員の数が現在の20あれば保障されるというものではないと思います。
なぜなら、住民が議会にもの申すために「請願」を行いたいと願う場合、現状では紹介議員が必要であり、現実的に紹介議員が探せなくて請願をあきらめるということがあるからです。
また、紹介議員が必要ない「陳情」は、東郷町議会では正式に審議する仕組みがなく、単にファイルされて議員の控え室に置かれているだけ(中身を全議員が見ているのかも疑問)。
陳情に込められた住民の意見や願いは、ファイルの中で埋もれるだけで、議員にも議会にも取り上げられないのが現在の東郷町議会の現状だからです。
議会が住民と直接対話する公式な場が設けられたことはなく、個々の議員でなく、議会が住民の声を受け止め、政治に反映させるシステムは、今の東郷町議会には、残念ながらありません。

今回、この議案が可決されれば、議員の定数は20人から4人減り、16人となります。
定数を大きく減らすことを契機として、住民の声をどう採り入れ、政治に反映させるかを真剣に検討するべき時にきているのだと思います。

議員の数が減っても、住民の声が議会に上がりやすくするには、
たとえば
①住民からの「陳情」は、所管の常任委員会で可否について議論する仕組みに変える。
②「請願」は紹介議員がなくても出せるよう、制度を変更する。
③議会の「住民の声のポスト」を常設し、住民がだれでも気軽に議会に意見や困りごとを出せる仕組みを創設する。
など、さまざまな仕組み作りが考えられます。
住民の声を議会として受け止め、必要であれば議員提案の条例などを提案するシステムを構築していくことが必要だと思います。

これから、ますます複雑化し、予算的にも厳しい状況が続く自治体の政治に、住民が積極的にかかわり、力を出し合う住民参加の必要性は、ますます高まっています。
これからは、行政だけでなく、議会も、積極的に住民の声をきき、政策に反映させる仕組みが欠かせません。

今回、議員定数を見直すことを第一歩とし、より住民の声を反映できる議会となり、住民に必要とされる議会になれるよう、議会基本条例など新たな仕組みを作る道を歩き始めようではありませんか。
より質の高い議会へと変わる第一歩として、今回の議案に賛成といたします。

-------------------------------------------------

議員定数を20→16に変える議案は、賛成15、反対4で可決されました。

わたしのほかに、賛成討論の中で議会基本条例の制定の必要性を述べる議員も数人いました。
これから東郷町議会がどう変わるかが、これからの課題なのだと思います。


|

« 東郷診療所のいこまい館移設の可能性は? | トップページ | 「東郷診療所廃止」の答申を受け、いこまい館の見直しも白紙に? »

議会報告」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/215645/44393805

この記事へのトラックバック一覧です: 議会最終日でした:

« 東郷診療所のいこまい館移設の可能性は? | トップページ | 「東郷診療所廃止」の答申を受け、いこまい館の見直しも白紙に? »