« 長久手の小規模多機能型居宅介護「楽家晴」を見学しました | トップページ | 寒い日のにゃんこは »

小規模多機能型居宅介護「楽家晴」の見学レポート(続き)

小規模多機能型居宅介護「楽家晴」の見学レポート(続き)
写真は「楽家晴」のお風呂。
外に面した引き戸を開け放つと、テラスがあって、ちょっとした露天風呂気分!
木のお風呂は、いかにも気持ちよさそうで、「こんなお風呂なら、入ってみたい」と、見学に行ったメンバーから感嘆の声しきりでした。

さて、小規模多機能型居宅介護は、おもに通い(デイサービス)がメインの介護サービスとなっているのですが、通常のデイサービスとの違いは何だか知っていますか?

私も楽家晴に見学に行くまで、はっきり説明できるほど詳しくなかったのですが、
今回の説明で、「なるほど」と思ったのは、

○定額制だから、月に何回利用しても同じ金額
○利用時間の縛りがなく、早朝から夜までの長時間でも、1〜2時間だけの利用でも0K

という2点の違いでした。

楽家晴では、通いは「朝6時〜夜9時」に利用できます。
(通常のデイサービスは、4時間以上6時間以内が基本なので、朝10時〜夕方4時という所が多い)
早朝から利用できるため、家族が仕事に行く前に送ってきて、仕事が終わった夜に迎えに来るという人もいるのだとか。
また、ちょっと家族が買い物に行く間だけとか、お風呂だけ利用するなどで、1〜2時間のみの利用ということもできるということでした。

小規模多機能型居宅介護の特徴として、施設内にケアマネジャーがいるので、通い、泊まり、ヘルパー派遣のサービスが、臨機応変に提供できるということもあります。
(通常の介護サービスでは、デイサービスやショートステイも予約して月々のケアプランに組み込まれていないと利用できず、急な利用変更がなかなか難しい)
利用者の状態にあわせて、その時々でふさわしいサービスを提供しやすいのも利点だと感じました。

ただ、1日の利用定員は決まっているので、希望しただけ通いや泊まりのサービスを利用できるかどうかは、登録している利用者同士の調整によるという欠点もあります。
(毎日通いたくても、1日の通いは15人までと決まっているので、25人全員がそう望めば、10人は通えない人がでるわけですから)

楽家晴は2階建てなのですが、泊まりの人の部屋は2階に7部屋あります。
また2階には、託児スペースもあって専用の保育士も常駐し、現在は介護職員が利用する「社内託児所」となっているのだとか。
見学に行った今日は土曜日だったので、小さな子は少なく、かわりに近所の小学生たちが遊びに来ていました。(近所の子は出入り自由で、よく遊びに来るそうです)
平日は、6〜9人の託児があるのだそう。
将来的には、職員だけでなく、地域の子どもも受け入れることができればという計画もあるとのこと。
同じ建物内に、お年寄りだけでなく、小さな子どもや小学生がいることは、とてもステキなことだと思いました。

説明をしてくださった責任者の山下睦さん(笑顔がすてきな女性です)に、困っていることや、今後の課題について聞いてみると・・・。

「在宅で最後まで暮らしたいという利用者さんの希望をかなえるには、医療体制で足りない部分があると感じています。スタッフに看護師はいますが、夜間も常駐という体制にするには、今の介護報酬は少なすぎて、とてもできません。この状態では、医療依存度が高い方を受け入れていくことは難しいです」
とのこと。
小規模多機能型居宅介護は、儲け主義の民間企業が参入するのを防ぐ目的から、かなり報酬単価が低くなっていて、ただでさえ採算をとるのは厳しいのが現状。
楽家晴は、土地のオーナーさんが建物を建ててくれて、賃貸料を払って借りるという形で運営しているそうですが、登録数が20人を超えないと赤字だと聞きました。

ただ、「施設に入らず、最後まで在宅で」を支えるためには、この小規模多機能型居宅介護が大きな鍵になることは確か。
「看護師の常駐化」を行うことを条件に、町が独自に補助金を出すなどの支援も必要になってくるのではないかと思います。

東郷町では、楽家晴のような小規模多機能型居宅介護の施設は、まだありません。
これから、どんな形で小規模多機能型居宅介護をまちに作っていくか。
大きな課題になりそうです。

|

« 長久手の小規模多機能型居宅介護「楽家晴」を見学しました | トップページ | 寒い日のにゃんこは »

介護施設見学レポート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/215645/43051289

この記事へのトラックバック一覧です: 小規模多機能型居宅介護「楽家晴」の見学レポート(続き):

« 長久手の小規模多機能型居宅介護「楽家晴」を見学しました | トップページ | 寒い日のにゃんこは »