« 最後の「東郷町民体育大会」終わる | トップページ | 三好町で認知症をテーマにしたパネルディスカッション »

現代版「長屋」暮らしのススメ

老い支度を考える学習会の中で、「老後はどう暮らしたい?」という話をしていた時、
参加者から出てきたのが、この現代版「長屋暮らし」ともいうべき、
住民有志による集合住宅づくりの提案。

「一戸建ての自宅は年を取ると管理が大変。でも、既存の有料老人ホームや高齢者向き賃貸住宅に住み替えると、まったく知らない人たちの中で人間関係をゼロから作ると思うと気が重い。気心のしれたご近所さんと、賃貸住宅をつくって暮らすというのが、夢なんだけど・・・」
という発言に、なるほどと感心した。

こうした、人との係わり合いを大切にしながら、みなで一緒に暮らす場所を作ろうという考えは、
共同で建てる「コーポラティブハウス」という形で具体化されている。

さきの発言は、
「隣近所の土地を持っている人が集まって、共同 で一つの敷地として企画する」という方法でのコーポラティブハウスにあたるだろう。
顔見知りの気心の知れた同士で、仲良く暮らす、現代版「長屋」。
その長屋の中に、小規模多機能のケア施設や、訪問医療をしてくれる診療所、地域の人たちが気軽に集える喫茶店などを入れて設計すれば、安心して暮らせる終の棲家として最適のものができそうな気がして、なんだかワクワクしてきた。

そんな時に、朝日新聞で同じような試みをしているケースが紹介されていたので、以下に引用する。

------------------------------(ここから抜粋引用)---------------------------

長屋お隣 いつまでも
岩手・過疎の町 お年寄り向けに集合住宅

東北の過疎の町で、高齢者向けの「長屋」を建設する計画が進んでいる。
「長屋のように隣同士が助け合って、最後まで暮らしたい」と住民有志が進めており、レストランや看護ステーションも併設する。
雪が深くなる冬に、山間地のお年寄りの病院通いの拠点とすることも想定している。
高齢化が進む過疎の町の暮らし方のモデルケースになりそうだ。

商店街構想、看護師のケアも
岩手県花巻市の東和町地区。
2年前に合併した旧東和町だが、人口は減り続け、中心部の土沢商店街もシャッターが目立つようになった。
「長屋暮らし」構想は、商店街で画廊喫茶を開く藤根華圃さん(75)や、隣のきのこ販売店の及川忍さん(64)らが中心に進めており、今年2月に地権者らで会社を設立した。

計画では、鉄筋コンクリート3階建てを、2年後の秋に完成させる。
藤根さんら5軒が土地を提供し、総事業費3億6千万円のうち、国と市が1億3千万円を補助する。
2階を中心に高齢者向けの部屋が14戸(賃貸9戸、分譲5戸)あり、一人暮らし向けと、少し広めの夫婦向けがある。

当初は医師が常駐するクリニックを設置する予定だったが、医師を確保できず、訪問看護に携わる看護師一人がここを拠点とすることになった。

「限界集落の受け皿」も期待
周辺に『限界集落』がいくつかあり、構想を進める住民らは「一人暮らしがきつくなった集落の人たちが移住する受け皿にもなる」としている。

当初から計画の相談にのってきた早稲田大都市・地域研究所客員研究員の岡田昭人さんは、
「自治体ではなく住民が企画した試みとしては全国的にもめずらしい。この地域には空き店舗や空き家が多く、このモデルケースを地域全体に広げたい」という。

NPO法人全国コープ住宅推進協議会(東京)によると、入居予定者が組合などを作って集合住宅の設計段階から企画する「コーポラティブ住宅」は、70年代から首都圏、関西圏を中心に増え始め、昨年までに9350戸が建設された。
福岡県や長崎県、北海道にも広がっている。

このほか、自治体が住民の要望を受けて建設する例もある。
神戸市では、阪神大震災の仮設住宅の後に「ふれあい住宅」と呼ばれる形態が広がった。

花巻市の長屋に関する問い合わせは、「土澤長屋暮らし事務局」(0198・42・1331)。

(朝日新聞朝刊 2008年10月11日)
-------------------------------(引用ここまで)----------------------------

既存の施設を探して選ぶのには、限界がある。
自分たちがほしい住まいや、受けたいケアは、自分たちで作り出していく時代になったのかもしれない。
夢の実現に向けて、みんなで考えていきたい。

|

« 最後の「東郷町民体育大会」終わる | トップページ | 三好町で認知症をテーマにしたパネルディスカッション »

終のすみかの探し方」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/215645/42789057

この記事へのトラックバック一覧です: 現代版「長屋」暮らしのススメ:

» 賃貸店舗貸し物件募集全国情報センター [賃貸店舗貸し物件募集全国情報センター]
賃貸店舗貸し物件情報のことならお任せください [続きを読む]

受信: 2008年10月15日 (水) 12時31分

« 最後の「東郷町民体育大会」終わる | トップページ | 三好町で認知症をテーマにしたパネルディスカッション »