« 9月議会報告④/たまり場づくりについて | トップページ | 決定的瞬間? »

東郷町の給食には事故米混入はないと報告がありました

9月議会が終わりました。

議会が閉会した後、全員協議会で町の担当者から事故米についての報告がありました。

結論からいうと、
東郷町の給食では、「プレーンオムレツ」や「厚焼き玉子」は使用していませんでした。
また、「ご飯」はもちろん、「酒」「みりん」「酢」「しょうゆ」などの調味料にも、原料に事故米は使われていないと、業者から確認がとれたそうです。

オムレツや厚焼き玉子には、つなぎとして、米のでんぷんが使われていて、これに事故米が混入したということで、お隣の日進市も豊明市も三好町も、給食で出したことがあると報道されています。
こうした加工食品は、東郷町では、試食をして、値段と味とで検討して購入を決めているとのことですが、たまたま事故米がまじったオムレツや厚焼き玉子は買わなかったとか。
(しかも「値段が高くて買えなかった」という話も)

結果的に事故米の混入はなかったということで、本当によかったのですが、たまたま運良く避けられたというのが真相のよう。
これから、どのように給食の安全性を守るのか、真剣に考えていかなければと思います。

|

« 9月議会報告④/たまり場づくりについて | トップページ | 決定的瞬間? »

議会報告」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/215645/42594791

この記事へのトラックバック一覧です: 東郷町の給食には事故米混入はないと報告がありました:

« 9月議会報告④/たまり場づくりについて | トップページ | 決定的瞬間? »