« 近況報告 | トップページ | いこまい館への東郷診療所移転は民意なの? »

日本は世界でも類を見ない高齢社会に

敬老の日 75歳以上が1321万人となり、はじめて総人口の1割を超したとの報道がありました。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080914-00000010-maip-pol

--------------------------(ここから引用)---------------------

総務省は14日、敬老の日に合わせて65歳以上の高齢者人口の推計値(15日現在)をまとめた。
08年度に始まった「後期高齢者医療制度」の対象となる75歳以上の人口は、前年比53万人増の1321万人。
総人口の10.3%を占め、現行の統計方式が始まった1950(昭和25)年以来初めて1割を超えた。

70歳以上は2017万人(男820万人、女1197万人)とやはり初めて2000万人を超え、総人口の6人に1人が70歳以上となった。
65歳以上の高齢者は前年比76万人増の2819万人(男1203万人、女1616万人)と22.1%を占め、いずれも過去最高だった。
75歳以上を男女別にみると男性498万人、女性823万人。

一方で14歳以下の人口は1718万人と70歳以上より少なく、少子高齢化の傾向は顕著となっている。
総人口は前年比5万人減の1億2771万人。
(毎日新聞)

------------------------------(引用ここまで)-------------------------

平成20年度版 高齢社会白書に、高齢化の状況についての分析が載っています。

それによると、
①現役世代1.3人で1人の高齢者を支える社会がやってくる
②男性83.67歳、女性90.34歳まで生きられるようになる
③日本は世界のどの国も経験したことのない高齢社会となる

高齢者を支える15〜64歳を、生産年齢人口といいますが、
昭和35年(1960年)には、1人の高齢者に 11.2人 だったのが
平成17年(2005年)には、1人の高齢者に 3.3人 に
平成67年(2055年)には、1人の高齢者に 1.3人 に減少してしまうとのこと。

現在の平均寿命は、男性79.00年、女性85.81年ですが、
平成67(2055)年には、男性83.67年、女性90.34年 に。
女性の平均寿命は90年を超えると予想されているそうです。

こうした状況を受け、日本の高齢化率は2005年に20.1%となり、ついに世界最高になりました。
(2位/イタリア19.7%、3位/ドイツ18.8%、4位/スウェーデン17.2%)
日本の高齢化率はますます進み、世界でどの国も経験したことのない領域に突入。
よほど知恵を絞り、国をあげてきちんと対策をとらないと、増え続けるお年寄りを支えることが難しくなるばかりでしょう。

敬老の日。
年をとって、だれもが幸せな老いを迎えることができるように、気持ちを新たに考えなければならないと思っています。

|

« 近況報告 | トップページ | いこまい館への東郷診療所移転は民意なの? »

雑感あれこれ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/215645/42477934

この記事へのトラックバック一覧です: 日本は世界でも類を見ない高齢社会に:

« 近況報告 | トップページ | いこまい館への東郷診療所移転は民意なの? »