« 在宅を支える新たな試み | トップページ | 老い支度講座/どうする?! 入居時の身元保証人 »

役所のバランスシートを読む

役所のバランスシートを読む
自治体財政について学ぼうと、「自治体財政研究会 in 名古屋」と題した財政勉強会に出席しました。

勉強会は、昨日・今日の2日間。
濃密な内容に、知恵熱が出そうな状況ですが、まずは昨日の勉強会の内容から報告します。

夕張市の財政破綻が報道されてから、「うちの自治体は大丈夫なの?」という住民からの疑問・不安は渦巻くばかり。
東郷町も、町長が「東郷町の財政は厳しい。今年は財政健全化元年として取り組む」と明言されていますが、はたして客観的に見た実態はどうなのだろうかと、ずっと疑問に思っていました。

昨日の講座は、まさに、そんな疑問に答えるかのような講座。
千葉商科大学大学院教授の吉田寛氏の
「子どもにツケをまわさない! 〜役所のバランスシートを読む。首長のバランスシートを作る〜」
中学生でも理解できるように、住民ひとりあたりの負担額を明示し、自治体の財政実態を明らかにする方法を語る明快な講義は、目から鱗の内容でした。

私なりに理解した範囲で、主旨のみ紹介しますね。

吉田先生の主張で、驚いたのは、
自治体が学校や文化会館などの箱物を作る際に借りる地方債を、
次世代に回す「将来の税金」というツケ という言葉で説明していること。
町の職員は、「一度作れば、将来使うことができる財産となるので、今あるお金でなく、将来に向けて長く返していく方がふさわしい」と説明してくださるのですが、なんだかすっきりしないと思っていました。
はっきり借金といわず、「地方債」と呼ぶのはなぜなのか?
実質は、子どもたちが払う「将来の税金」ということなのでは?

また吉田先生は、公会計の情報について、
「納税者であり主権者である住民が払った税金を、適正に効果的に使っているかどうかを首長が報告・説明するためのもの」
と位置づけ、公会計を見れば、代表者である首長の仕事ぶりがわかり、選任するに足るかを判断できるとしています。

わかりやすくするために、具体的に説明すると、
まず、自治体の財政状況は、バランスシート(賃借対照表)で示されます。
通常のバランスシートでは、道路や公園・学校などの建物を「町の資産」として計算します。
でも、税金を使って整備された公園や学校などは、納税者が利用するための「住民の資産」であり、自治体の資産として計算するのは適切ではないというのが、吉田先生の主張です。

ですから、「納税者のバランスシート」と「首長のバランスシート」を分けて考えようというのです。

東郷町のバランスシートで、見てみましょう。
平成18年度のものでは、負債と正味資産を足した結果は、(住民一人当たり)105万4千円。
つまり、住民ひとり105万円の黒字という数字が読み取れます。
これだけ見ると、ひとり105万円も黒字なら、財政は安心なんだなと、思ってしまいます。

しかし、これは見せかけ。
吉田先生の主張では、
負債合計から、「(資産に分類してある)投資など」と「(現金などの)流動資産」を引いたものが、子どもに回す負債だと認識しないといけないというわけです。
これに従って計算しなおすと、
(わかりやすくするために、すべて一人当たりに直しています)
負債合計(26万1千円)−投資(5万6千円)−流動資産(4万3千円)=16万2千円

つまり
住民一人当たり 16万2千円 が、将来の税金として、すでに確定しているわけです。
いってみれば、ひとり16万2千円のローン残高があるということ。
「ひとり」は赤ん坊から老人までみんな平等割りで計算していますから、
平均的な4人家族で、64万8千円のローン残高をかかえているということになります。

この「子どもに回す負債」が、毎年減っていれば、まだいいのですが。
(理想は0になること)
毎年増えているようなら、この首長に任せていては、将来の子どもたちに大きなツケを残すことになりかねないということ。
危機感を持たなければいけないのです。

こう説明されてみると、東郷町の財政は安心なんて、安穏としていられないことがはっきりわかります。

公会計は数字の羅列で難しく、わかりにくいものだと思っていました。
でも、だれにでもわかりやすく読み解く方法はある!
そうわかったことが、一番の収穫だと思いました。

吉田先生の理論は、「公会計の理論」という本にまとめられています。
「公会計の理論〜税をコントロールする公会計」(吉田寛著/東洋経済新報社 3400円)

|

« 在宅を支える新たな試み | トップページ | 老い支度講座/どうする?! 入居時の身元保証人 »

地域での議員活動」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/215645/41961163

この記事へのトラックバック一覧です: 役所のバランスシートを読む:

« 在宅を支える新たな試み | トップページ | 老い支度講座/どうする?! 入居時の身元保証人 »