« 北名古屋市回想法センター訪問記 | トップページ | 高齢者・障害者への権利侵害を防ぐには? »

東郷町の財政は?

川瀬町長が、「財政健全化元年」と位置づけ、財政再建に取り組んでいる東郷町。
議員としても、東郷町の財政について、きちんと分析・理解しなければならないと考えています。

そこで、
財政の勉強のために、「自治体財政研究会」in名古屋に参加することにしました。

自治体財政研究会は、公会計研究所が主催する財政勉強会。
地方自治体の財政再建のためには、正確な現状把握が必要ですが、この現状をどんなツールを使って読み取るかを財政理論や方法論、実務から学びます。

勉強会の下準備として、市町村の財政比較分析表などを集めています。
東郷町の財政比較分析表は、下のホームページからダウンロードできます。
愛知県内市町村の財政比較分析表
http://www.pref.aichi.jp/shichoson/zaisei/bunsekihyo.html

財政比較分析表で比較分析を行う指標は、次の7指標です。
①財政力指数
②経常収支比率
③実質公債費比率(16年度は起債制限比率)
④人口1人当たり地方債現在高
⑤ラスパイレス指数
⑥人口1,000人当たり職員数
⑦人口1人当たり人件費・物件費等決算額(17,18年度のみ)

とはいえ、家計簿もつけていない私には、どうデータを読み取ればいいのか、現段階では???
勉強会で学んできてから、きちんと東郷町の現状について、報告したいと思います。

勉強会は、7/23、24。
今月末には、みなさんに報告できるように、がんばって勉強してきます!

|

« 北名古屋市回想法センター訪問記 | トップページ | 高齢者・障害者への権利侵害を防ぐには? »

地域での議員活動」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/215645/41727463

この記事へのトラックバック一覧です: 東郷町の財政は?:

« 北名古屋市回想法センター訪問記 | トップページ | 高齢者・障害者への権利侵害を防ぐには? »