« 合唱団との初めての練習がありました | トップページ | 同一住所で世帯分離ができるのか »

特別養護老人ホームの現状は?

昨年の夏から、愛知県内の特養ホームを対象に行ってきた、アンケート&訪問調査が一段落。
やっと、まとめの段階までこぎつけました。

調査を開始した昨年夏の時点で、県内の特別養護老人ホームは180カ所。
アンケート調査には、88施設が回答を寄せてくれました。

特別養護老人ホームの情報は、「介護サービス情報の公表制度」で、基本情報と調査情報が公表されていますが、アンケートの集計には、こちらで公表されている情報も利用しています。

愛知県介護サービス情報公表システム

さて、アンケート集計した結果ですが、
調査まとめ冊子を作り、来月行う公開報告会で、結果の報告をする予定です。
また、県内にある個別の特養ホーム情報は、調査を実施した「介護施設と地域を結ぶ市民の会」のホームページで掲載するとともに、HPを見ることができない人のために、冊子も作成します。
現在、手分けして、校正作業中。
6月半ばにはできあがる予定ですので、もうしばらくお待ち下さい。

介護施設と地域を結ぶ市民の会
愛知県内特養ホーム調査情報

公開報告会については、以下のとおり。
介護施設に関心のある方は、ぜひご参加ください。

【公開報告会】
特別養護老人ホームの現状は
2007年度 愛知県内特養ホーム調査結果から

介護の必要な人が、24時間スタッフのケアを受けながら暮らす特別養護老人ホーム。
介護保険から低所得者への補助があり、国民年金だけでも入れる「終のすみか」として、根強い人気のある介護施設です。
「介護施設と地域を結ぶ市民の会」では、過去、2001、2002年に特養ホームの調査を行いました。
それから5年がたって、今、特養ホームはどのように変わってきているのでしょうか。
「介護サービス情報の公表制度」から全施設の情報を読み込み、アンケートと施設訪問で見えてきた、特養ホームの現状について報告します。
自分の老後や介護について考えてみたいという方、ぜひお気軽にご参加ください。

  内容:2007年度 特養ホームアンケート調査のまとめから
         今の特養ホームの現実と課題を考える
      報告者 山下 律子(介護施設と地域を結ぶ市民の会代表)
  日時: 6月21日(土) 午後1時30分〜4時00分
  場所: 名古屋市女性会館・大研修室
       (地下鉄名城線「東別院」1番出口から徒歩3分)
  主催: 介護施設と地域を結ぶ市民の会
  資料代:500円(当日会場受付でお支払いください)
  定員: 先着100人

  ※参加ご希望の方は、氏名・住所・電話番号を明記の上、
  E-mailで下記までお申し込みください。
   
 連絡先: 「介護施設と地域を結ぶ市民の会」(代表/山下律子)
      E-mail/akane24@gmail.com

|

« 合唱団との初めての練習がありました | トップページ | 同一住所で世帯分離ができるのか »

介護施設見学レポート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/215645/41198618

この記事へのトラックバック一覧です: 特別養護老人ホームの現状は?:

« 合唱団との初めての練習がありました | トップページ | 同一住所で世帯分離ができるのか »