« 世帯分離で介護費用の負担を下げる | トップページ | バリデーションに取り組む、特養ホーム「蒲郡眺海園」 »

「認知症の人をそのまま受け止める」ケア/バリデーション

認知症を患う人に寄り添い、心を通い合わせる介護法として、注目を集めている「バリデーション」。

明日、この「バリデーション」をケアに取り入れている特別養護老人ホームへ、取材に行くため、バリデーションについて少し調べてみました。

○バリデーションとは
アメリカのソーシャルワーカー、ナオミ・フェイルさんが開発した、認知症の方とコミュニケーションをとる方法。
バリデーションという言葉は、もともと「確認する、強くする、認める」という意味ですが、
フェイルさんは、認知症の人の「経験や感情を認め、共感し、力づける」という意味で、バリデーションという言葉を使っています。

特徴は、認知症の方が大声を上げたり、外へ出て行かれたりする、周辺症状(かつてのいわゆる問題行動)について、必ず認知症の方の行動には意味がある、と考え、なぜなのかをその方が歩んできた人生から考えたり、一緒に行動したりすることにあります。

○具体的に、認知症の方にどう接するのか
原則は、認知症の人をそのまま受け入れること。
従来は、ケアする側から問題行動として捉えていた認知症の人の行為(叫ぶ、徘徊、暴力など)も、その人なりの意味があると捉えて、介護者はそのまま受け入れます。

具体的には、
「真心をこめたアイコンタクト(目と目を合わせる)を保つ」
「低い、優しい声で話す」
「相手が言ったことを、繰り返して言う」
「手を握ったり、ほおに触れたりなど、認知症の人に触れる」
などの技術を使って、「受け入れて共感」します。

ありのままを受け入れ、心を込めて認知症の方の思いを聞く(察する)ことで、落ち着きを取り戻し、穏やかに暮らせるようになるそうです。

バリデーションについて、詳しくは下記のホームページを参照を。
認知症ケア時代の新コミュニケーション
~スウェーデンでも生きるバリデーション

また、日本でもバリデーションを広めるために、「公認日本バリデーション協会」が発足しています。
セミナーなども行っていますので、興味のある方はこちらをどうぞ。
公認日本バリデーション協会


実際に、介護の現場では、バリデーションをどうケアに生かしているのか。
明日の取材で、しっかり見てきたいと思います。

|

« 世帯分離で介護費用の負担を下げる | トップページ | バリデーションに取り組む、特養ホーム「蒲郡眺海園」 »

介護ライターの独り言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/215645/40890904

この記事へのトラックバック一覧です: 「認知症の人をそのまま受け止める」ケア/バリデーション:

« 世帯分離で介護費用の負担を下げる | トップページ | バリデーションに取り組む、特養ホーム「蒲郡眺海園」 »