« 抱えているのは | トップページ | いこまい館アンケート結果に基づく検討委員会を行いました »

3月議会が終了しました

今日が3月議会の最終日。
すべての議案の採択を行い、3月議会が終わりました。

今回は、「平成20年度東郷町一般会計予算」をはじめ、行政提出の31議案と、議員からの1修正案が出されましたが、採択の結果は、2議案を除き、可決(修正案は否決)されました。

否決された議案は、
第6号「東郷町監査委員に関する条例の一部改正について」
第7号「東郷町特別職の職員で非常勤の者の報酬及び費用弁償に関する条例の一部改正について」

第6号「監査委員」は、今まで2人体制で行っていた町の監査を、1人増員して「3人」にする改正案。
外部監査をマニフェストで訴えていた町長が、「東郷町の規模では外部監査は予算的に増大すぎてなじまない」ということから、内部監査員に公認会計士などの専門家を入れ、チェック体制の増強をはかるとして提案したものです。
採択の結果は、賛成6人、反対13人で「否決」となりました。
(私は専門家を監査に入れることの意義を踏まえて、賛成しました)

第7号の「東郷町特別職」とは、小学生の登下校の安全を見守る「交通指導員」を指します。
今まで月額78000円払われていた報酬を、日額4600円に改め、実際に勤務した日数で報酬を算定する日額制に変えるという案。
日額4600円という金額は、1年の報酬として計算すると、今の年収額と変わらない。勤務日数に応じた日額に改めるという説明でした。
採択の結果は、賛成8人、反対11人で「否決」。
(私は勤務状況に合った報酬となるという理由で、賛成しました)

このほかに、賛成・反対が拮抗した議案は、
第3号「東郷町子育て支援手当支給条例の制定について」。
平成20年4月2日以降に生まれた第3子が対象で、3歳になるまで月額1万円を支給するという案。

賛成討論は、「少子化対策への第一歩となる、東郷町独自の施策であることを評価したい」
反対討論は、「制度そのものには賛成だが、20年4月2日以降に限定しており不公平。適切な整備をして、出直して欲しい」
という主旨の意見がそれぞれ複数だされました。
採択の結果は、賛成11人、反対8人で、「可決」されました。
私は、対象となる子どもが一部に限定されるのは確かに不公平であると思いましたが、否決すると子育て支援手当の支給がさらに遅れることになり、否決による不利益の方が重いと判断し、賛成しました。

各議案について、だれが賛成・反対したかは、議会だよりで報告します。
6月に配布される予定ですので、もうしばらくお待ち下さい。


|

« 抱えているのは | トップページ | いこまい館アンケート結果に基づく検討委員会を行いました »

議会報告」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/215645/40551483

この記事へのトラックバック一覧です: 3月議会が終了しました:

« 抱えているのは | トップページ | いこまい館アンケート結果に基づく検討委員会を行いました »