« 映画「終りよければすべてよし」を見て | トップページ | 「ねんきん特別便」がやってきた »

高齢者の運転免許返納をめぐる考察

高齢者の交通事故が増えている。

愛知県では、死亡事故の被害者に高齢者の割合が高いのが問題となっているが、高齢者ドライバーがおこす事故の危険性についても考える必要がある。

80歳過ぎの知り合いの男性が、運転免許を返納したという話を先日聞いた。
自分ではまだまだ大丈夫と思っていたが、奥さんに懇願されて、しぶしぶ免許証を手放したと苦笑いされていたが、勇気ある決断だっただろうと思う。

高齢者の運転免許自主返納制度は、98年4月の道路交通法改正で導入されている制度だが、まだまだ自主返納は進んでいない。
そんな中、東京で「運転免許を返納した高齢者を対象にした割引サービスが始まった」という記事が、18日の新聞に載っていた。

警視庁によると、高齢ドライバーによる事故を減らそうと免許返納を呼びかけても、「一番の身分証明書を手放すのは不安」という理由から、自主返納が進んでいない現状とか。
これを打開するアイデアとして、
「運転免許を返納して、得しよう」
東京都内のホテル、遊園地、百貨店など37の企業・団体が、「高齢者運転免許自主返納サポート協議会」をつくり、運転免許を返納した高齢者に、飲食代1割引などのサービスを行う取り組みを始めるという。
免許返納の際には、免許証そっくりの「運転経歴証明書」が発行され、これを提示すればサービスが受けられるという仕組み。

詳しくは、警視庁のホームページをどうぞ。

運転経歴証明書は、完全な身分証明書の代わりとなるわけではないようだが、たしかにお得なサービスが受けられるというプラスのイメージがあれば、自主返納しようという気持ちを後押しする力になるかもしれない。

だが、高齢者が免許を手放さないのは、病院への通院や買い物に車がないと困るという地方ならではの交通事情も見過ごせない。
こうした状況を、毎日新聞の岩手版が伝えている。
高齢者の運転免許:「返納考えていない」9割--県警アンケート /岩手

-------------------------------(ここから記事の概要を引用)---------------------

◇「病院送迎など」環境整備あれば…

高齢者の運転免許自主返納制度について、県内の65歳以上の男女を対象に県警が行ったアンケート調査で、6割以上が制度を知りながらも、全体の9割は「返納を考えたことがない」と答えていることが分かった。

自主返納制度は主に高齢ドライバーを対象に、事故を予防するため、自ら免許を返納してもらうもので、61・7%が「知っている」と回答。
一方、90・4%が返納を考えたことはないと答えた。

高齢になれば返納を考えるという運転者に目安の年齢を尋ねた設問では、80歳が46・9%で最多。
85歳30・7%、75歳17・4%と続き、90歳も7・6%あった。

返納するために望む環境整備には、複数選択可で、最多の「病院などへの送迎便の整備」は37・9%、以下「バス料金のサービス」31・2%、「病院・スーパーなどを近接して設置」25・1%「バス運行本数の増加」19・4%と続いた。

65歳以上で免許を返納した人は、制度が始まった98年から昨年までに県内で361人。
今年1月末現在、65歳以上の県内免許取得者は13万2346人で、ほとんど制度は利用されていない。

毎日新聞 2008年2月26日

--------------------------------(引用ここまで)--------------------------

東京都のように公共交通網が張り巡らされ、移動に自家用車が必須でない都会なら、運転免許の返納が進みやすいかもしれない。
でも、病院への通院や買い物など、生活するのに車がないと困るという地方では、車を運転しないでも困らない環境整備を行わなければ、高齢者が免許を手放すのは難しいだろう。

東郷町でも、採算のとれないバス路線が廃止の方向性が出て、町が存続のために補助金を出すなど、住民の足を確保する道は厳しいのが現状だ。
どうやって地域交通を整備し、日常の移動手段を確保するか。
高齢者の交通事故を減らすためにも、知恵を絞らなければと思う。

|

« 映画「終りよければすべてよし」を見て | トップページ | 「ねんきん特別便」がやってきた »

雑感あれこれ」カテゴリの記事

コメント

免許の返上について これは全国共通の問題と思います。 強制的に取り上げる事は絶対に避けなければなりません。更新時における適正判断と、返上者への贈り物では 一定の効果が認められ今後も続けていくべきと思います。 しかし、これから来る団塊層の高齢化には まだ対策が必要とも思われます。そこで私はこれを提案いたします。
交通違反金の流用です。 現在では道路の整備費として使われてると思いますが、そろそろインフラも整ってきてますし、この高齢者対策の方が 順位は上とも思うのです。 このお金を自主返上者に 年間いくら、とタクシー代として支給します。 又違反金のUPも良いのではと思います。 さっぱりなくならない交通違反にはもっと厳しい態度で迫っても良いと思うのです。 そうしますと違反をする者は少なくなるし、高齢者へ回すお金も増え返上者の割合も加速します。 両方とも交通事故をなくすことになると思います。どうぞ参考にされててくだされば 幸いに思います。

投稿: 宮下 憲一 | 2016年11月 6日 (日) 13時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/215645/40601942

この記事へのトラックバック一覧です: 高齢者の運転免許返納をめぐる考察:

« 映画「終りよければすべてよし」を見て | トップページ | 「ねんきん特別便」がやってきた »