« いこまい館の見直しの行方は? | トップページ | 介護を受けることへの抵抗感 »

公文書でも「障害」→「障がい」が標準に

「痴呆症」が「認知症」と改められたように、言葉や文字に含まれた差別的な印象を変えようという動きが加速している。

「障害者」の「害」という字も、差別意識を助長したり、当事者に不愉快な思いを抱かせるということで、「障碍者」や「障がい者」などに書き換える流れができていた。
こうした一般の流れが、行政の公文書にも反映される事例がでてきている。

2008/01/20付の西日本新聞朝刊で、
熊本県が21日から、「障害者」を「障がい者」に改めるという記事が出ている。

---------------------(ここから引用)---------------------------------

「障害者」を「障がい者」に 県、21日から表記改め

県は21日から公文書や資料、庁内の案内などで使っている「障害」という表記を「障がい」に改める。
「害」という字が「害悪や公害など負のイメージがある」という声に配慮した。
「障がい」表記の採用は全国の自治体に広がっており、都道府県では大分、宮崎などに次いで全国で7番目。

対象は、これまで「障害」の文字が使われ、前後の文脈から人の状態を表す場合の表記。
21日以降に作成する公文書や会議資料、職員の名刺のほか、県庁内にある「障害者支援総室」の案内表示も「障がい者支援総室」に改める。
実施は知事部局のみだが、県教委や県警本部などにも協力を要請する。

一方、「県障害者施策推進協議会条例」など条例や規則の名称は「障害者自立支援法など、国の法令との整合性が取れなくなる」(同室)として対象外とした。

「障がい」表記の採用は、潮谷義子知事が昨年11月に熊本市で開いた大学生らとの意見交換会で「文字から差別感をなくすため、県庁でもすぐに取り組む」と宣言していた。

-------------------------------(引用ここまで)----------------------------

また、岐阜でも同様の動き。
2008年2月20日の朝日新聞によると

-------------------------------(引用ここから)-----------------------------

障害者」→「障がい者」に

岐阜市は、これまで「障害者」としていた公文書などの表記を、4月からかな交じりの「障がい者」に変更する。
「害」の字に否定的なイメージがあるためといい、担当部署「障害福祉室」も「障がい福祉室」に名称変更する。
県も同様に4月から、公文書などの表記を変更する。

市の市民福祉部が19日、「障害者の人権をより尊重する観点からひらがな表記とする」と発表した。市は、表記は本質的なことではないという議論があることは認めた上で、「差別感や不快感を持つ人が少しでもいる限り、気持ちを尊重したい」としている。

また、県障害福祉課は、組織名は変更せず、通知や案内状、新たにつくるリーフレットなど身近な文書をひらがな表記とする。
「表記変更で障害のある人の生活が一挙に良くなるわけではないが、変更をきっかけに職員や県民の意識変革が進んでほしい」(同課担当者)としている。
表記変更は、04年9月の福島県を手始めに三重県など7道県で実施されており、県内では、美濃加茂市、本巣市など12市町が変更している。

-------------------------------(引用ここまで)----------------------------

たかが名称という考え方もあるが、言葉の持つイメージの力は大きい。
「障害者は世の中のお荷物・迷惑だ」という意識が「害」の字に反映されているように思えるからだ。
障がい者は、世の中に「害」となる存在ではない。
「害」という字を変えることから、障がい者への社会の偏見を払拭する一歩とするのなら、意味はあると思う。

2006年12月に、国連で「障害者権利条約」が採択されたが、そこには、「障害は環境によって作られる」と明記されている。

さまざまなハンディから暮らす上での不自由をよぎなくされるのは、障がい者本人の責任ではない。
不自由さを人に押しつける社会(環境)が、障がいを生み出しているのだ。
そう、だれもが気づくことが、障がい者への差別意識を変えていく力になるのではと思う。

障がいがある人もない人も、共に暮らしやすいまちへ!
そのための、小さな一歩として、東郷町でも「障害者」→「障がい者」へ表記を変えていきたい。

|

« いこまい館の見直しの行方は? | トップページ | 介護を受けることへの抵抗感 »

障がいについて考える」カテゴリの記事

コメント

こんな事って許される?
http://ameblo.jp/19750405/entry-10074929484.html

投稿: | 2008年2月24日 (日) 19時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/215645/40245830

この記事へのトラックバック一覧です: 公文書でも「障害」→「障がい」が標準に:

« いこまい館の見直しの行方は? | トップページ | 介護を受けることへの抵抗感 »