« 地域包括支援センターの出張相談 | トップページ | 12月議会の一般質問は「認知症支援」を取り上げます! »

介護・福祉予算についての要望

来年の3月議会は新年度予算を審議する予算議会となりますが、それに向けて、東郷町では今、予算の最後のとりまとめが行われています。

「老いても安心のまちづくり」をすすめるための施策として、次年度予算に入れて欲しい項目について、今日、福祉部長に申し入れ書を提出しました。
詳しい内容については、以下をご覧下さい。

-----------------------------------------------------------------------
               平成19年11月14日(水)
        次年度予算についての申し入れ
                       東郷町議会議員 山下律子

 東郷町の高齢者福祉・介護をより良いものとしていくために、次年度予算において、以下の項目に対する配慮をお願いいたします。

(1) 要介護状態への移行を食い止めるための施策
① 配食サービスの回数増加(毎日配食をみすえ、現在の週3回を週5回に)
② 会食サービスの実施
高齢者の閉じこもりを防ぐ施策も兼ねて、顔見知りの高齢者と会話を楽しみながら一緒に食事ができる場を積極的に整備する。
③ 地域のたまり場づくりの推進
④ 地域包括支援センターの出張相談の定例化
現在、希望のあった地域で試行的に行われている「高齢者の困りごと相談」のための包括職員による出張相談を、定期的に行い住民に周知する。

(2) 認知症高齢者が安心して住み慣れたまちの中で暮らし続けるための施策
① 認知症サポーターの養成の出前講座を開始
② 認知症見守りボランティアを養成
③ 早期発見のための相談窓口、住民への啓発活動を実施
④ 成年後見制度の利用支援事業を実施
⑤ 高齢者虐待防止ネットワークと相談体制の構築

(3) 介護が必要になった場合に、質の高い介護を受けられるための施策
①「介護相談員」制度の導入
 次年度中に介護相談員の養成事業を行い、介護サービスの質の向上と、
 利用者の介護サービスへの不安・不満解消に努める。
②住民と行政の協働による第三者評価制度の導入
 次年度には、第三者評価についての準備委員会をつくり、将来の方向性
 について検討できる体制をつくる。

|

« 地域包括支援センターの出張相談 | トップページ | 12月議会の一般質問は「認知症支援」を取り上げます! »

議会報告」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/215645/17074017

この記事へのトラックバック一覧です: 介護・福祉予算についての要望:

« 地域包括支援センターの出張相談 | トップページ | 12月議会の一般質問は「認知症支援」を取り上げます! »