« 車のドアにご用心!? | トップページ | 袋の中から「にゃあお」 »

愛知たいようの杜訪問記

ボランティアの訪問調査で、長久手町の特養ホーム「愛知たいようの杜」に出かけた。

5年ぶりに訪れた「たいようの杜」は、ずいぶん変貌を遂げていた。
まず、森の中にあったのが、宅地化と新たな道路ができたせいで、まちのはずれのイメージから、住宅地に密接した場所へと変わっていたのに驚いた。
創設者の吉田一平さんがこだわっていた舗装されていない「でこぼこ道」は、なくなっていた。

特養ホームとしての「たいようの杜」は、4人部屋中心の従来型特養。
2004年に全室個室・ユニットケアの新型特養ホームができ、特養にもユニットケアの考えが入ってきたことで、特養ホームに大きな変化の波がおきた。
少ない職員で介護ができる効率の良い集団処遇から、利用者主体の個別ケアへ。
個別ケアを実現するための手段として出てきたのが、「ユニットケア」だ。
少人数を単位にしたグループに区切り、担当職員と入居者の距離を縮めて、一人ひとりの顔が見えるようにした個別ケアだ。

たいようの杜は、部屋こそ4人部屋だが、ケアには20人を単位としたグループケアを取り入れていた。
建物も改築し、グループごとに日中過ごしたり食事をしたりするリビング空間を増築。
その意図について、山口施設長さんは、
「80人が食事をとる大食堂では、なかなか落ち着けず、くつろいで過ごせませんでしたから。20人が食事をする小さな食堂に、水場、ソファーやテレビなどを備えた空間を4つ作り、思い思いに過ごせるようにしました」
と話す。
またところどころに暖炉や昔の古い家具、図書コーナーなどが設けられ、生活感のある落ち着いた空間が生まれていた。

これは5年前からだが、カーテンで仕切られた4人部屋には、仏壇などの私物がぎっしり。
犬やうさぎ、烏骨鶏などの動物たちがいるのも変わらない風景だ。

25ある個室はすべて、ショートステイ用。
食堂・リビングも、ショートステイ専用の空間が設けられており、これなら施設に慣れないお年寄りのお泊まりでも、かなり過ごしやすそうだった。

20人に介護の単位を区切ったことで、個別の希望への対応もいっそう進み、毎日のように昼間だけ自宅に帰って家族と過ごし、夕方、職員のお迎えで特養に帰ってくる人。墓参りにつれていってもらう人など、個別の外出支援も職員が実費(ガソリン代)で行っている。
訪れた日は、昼食に炭火で焼いたサンマを食べるのだと、職員が中庭でバーベキューコンロで炭をおこし、大量のサンマを焼くそばを、麦わら帽子をかぶった車いすのお年寄りが楽しげに囲んでいた。

再来年には、いよいよ全室個室・ユニットを40人分、増築する予定とのこと。
増築で個室に移動した人が入っていた4人部屋も、改装して個室対応していきたいと、施設長は話していた。
また別に、地域密着型の29人までの特養ホーム+10人のショートステイ+グループホームを、ござらっせの近くに建てる計画もあるのだそうだ。

従来型の4人部屋特養ホームは、個室・ユニット型に改築される動きが、これから進んでいくのだろう。
たいようの杜は、その動きの先頭を切る形で、急速に変わり始めている。

|

« 車のドアにご用心!? | トップページ | 袋の中から「にゃあお」 »

介護施設見学レポート」カテゴリの記事

コメント

愛知たいようの杜の魅力はなんですか?お世辞抜きで聞きたいです。

投稿: | 2008年11月14日 (金) 14時41分

たいようの杜の魅力ですか?

一言で言うと、管理しようという姿勢が少ないことでしょうか。
部屋一杯にあふれかえるほどの持ち込み荷物も、施設内に犬などの動物が自由に歩き回っている様子も、よその管理型の特養ホームでは、まず見られません。
「自由気まま」「自分らしく」を大切にして、生活を支援していこうという姿勢が、私には好もしく思えます。

投稿: 山下りつこ | 2008年11月15日 (土) 21時55分

職員さんの対応や、姿勢はどうでしょうか?

率直に感じたままに聴きたいです。

投稿: | 2008年12月11日 (木) 01時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/215645/16884174

この記事へのトラックバック一覧です: 愛知たいようの杜訪問記:

« 車のドアにご用心!? | トップページ | 袋の中から「にゃあお」 »