« 研修に行ってきました | トップページ | 縛らない介護 »

議員を「先生」と呼ぶのは?

町会議員になって、どうにも落ち着かないのが、「先生」と呼ばれること。

私自身に何の変わりもないのだけれど、議員になったことで、「先生」と呼ばれるのには、なんだか照れる・・・というか、むずむずする感じというか、落ち着きが悪いというか・・・
どうにも違和感がぬぐえない。

とりわけ、役場の職員さん(特に部長さんとか、課長さんとか、偉い人が多いのだが)に、
「先生!」
と呼ばれると、ついつい、「先生と呼ばないでください」と答えてしまう。

だが先日、地域のある方からこんな意見をいわれたことで、「先生」という呼び名について、考えさせられた。
それは、次のような意見だった。

-------------------------------------------------------------
今の世の中は、上下関係がなくなり、上のものを尊敬する姿勢が希薄になったことで、弊害が多くなっている。
平等の関係というと聞こえがいいかもしれないが、規範を保ち、皆が協力して何かを成し遂げようとする時には、上にたつものが、「先生」と呼ばれ、皆の中心となってまとめていくことが必要だ。
だからこそ、「先生」と他のものから呼ばれる存在は大切だと思う。

「先生と呼ばないでください」なんて、今後口にせず、どうか「先生」と皆から呼ばれるにふさわしい存在になるように努力してほしい。
-------------------------------------------------------------

議員は、「議員になった」というだけで、「先生」と呼ばれる存在になる。
その重みや役目を自覚し、「先生」と呼ばれても恥ずかしくない仕事をしなければいけないのだと、大いに反省させられた。

今でも、「先生」と呼ばれることには違和感がある。
だけれども、
だからこそ、
「先生」と呼ばれるにふさわしい仕事をしなければ!

そう改めて決意している。

|

« 研修に行ってきました | トップページ | 縛らない介護 »

雑感あれこれ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/215645/16080472

この記事へのトラックバック一覧です: 議員を「先生」と呼ぶのは?:

« 研修に行ってきました | トップページ | 縛らない介護 »