« 介護情報誌「ぬくぬく」発行しました! | トップページ | 民生委員会の県内研修に行ってきました »

議会が市民と対話する「議会フォーラム」とは?

7/29に出席した「市民と議員の条例づくり交流会議2007 プレ&ミニ企画」で発表された、議会改革の先行事例から、北海道、登別市の「議会フォーラム」を紹介します。

登別市議会は、平成15年度から議会改革を行ってきました。
例規集を廃止し、議員全員にノートPCを貸与して、本会議場に持ち込めるようにしたことから、本会議での議案説明内容を電子媒体で提供し、議員は本会議中にいつでも必要な資料を参照しながら検討できるようになったことに始まり、常任委員会の活性化を推進するなど、さまざまな改革を行ってきました。

とりわけ今年度の改革で注目を集めたのが、
6月議会の廃止と、市民と議会との対話の場「議会フォーラム」の開催です。

議会全体が、市民と「市の重要政策や課題」について意見を交換する「場」としての「議会フォーラム」。
初となる今年度は、市内の公民館など3カ所(3日間)で行われ、3日で210人の市民が参加しました。

テーマは「議会改革」。
サブテーマを「議会・議員にモノ申す」と設定し、「果たして議会・議員はこれでいいのか?」「議会・議員はなぜ見えないのか」という観点から、活発な意見交換が行われたそうです。

市民から質問が集中したのが、定例議会を年4回から3回に削減したことと、議員報酬について。
現在の市議定数21と月額31万円の報酬をめぐって議論が盛り上がり、「定数をもっと減らすべき」「ボランティア的要素を含んだ議員を増やすため、歳費を半減して議員を倍増させた方がよい」と、定数をめぐっては、減らすと増やすの意見がそれぞれ半々となったとか。

「30代、40代の人に立候補を呼びかけても、今の議員報酬では生活できないと言われる」という議員からの発言に対しては、
「報酬を増やすのではなく、別に仕事を持つ人が議員をできるよう、土日曜に議会を開くなどの改革をすべき」との発言が市民からあったそうです。

しかし、はじめて「議会フォーラム」という形で、議会が市民と意見交換の場を持ったことに対しては、ほとんどの市民が高く評価し、議会としてもやってよかったという声が大半を占めたと聞きました。

住民は議会(議員)との対話を待っています。
東郷町では、町長が地域に出向く懇談会は毎年開かれていますが、議会報告会は有志の議員が細々と行っているというのが実情です。
議会全体で住民と語り合う「場」を、ぜひ東郷町でも持ちたいものだと思います。

|

« 介護情報誌「ぬくぬく」発行しました! | トップページ | 民生委員会の県内研修に行ってきました »

東郷町以外の議会はどうなっているか」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/215645/15964472

この記事へのトラックバック一覧です: 議会が市民と対話する「議会フォーラム」とは?:

« 介護情報誌「ぬくぬく」発行しました! | トップページ | 民生委員会の県内研修に行ってきました »