« 日進市長選挙公開討論会に参加して | トップページ | 選挙ポスターの費用について »

高齢者優良賃貸住宅「スマイルコート黒田」レポート

高齢者向け優良賃貸住宅レポート
一宮市木曽川町にできた高齢者優良賃貸住宅(高優賃)、「スマイルコート黒田」に行ってきました。

高齢者優良賃貸住宅(高優賃)というのは、60歳以上の高齢者のみを対象とした賃貸住宅で、高齢者が安全に安心してくらせるハードが整っている賃貸住宅。
具体的には、車いすで生活できる「バリアフリー化」、いざという時に助けを呼ぶための「緊急時対応サービス」、お風呂やトイレなどの「手すり整備」など、介護が必要になった場合を見据えて設備が整えられています。

「スマイルコート黒田」は、今年の4月にオープンしたばかりの新しい施設で、高優賃だけでなく、デイサービス、ショートステイ、介護付き有料老人ホームも併設された複合型の福祉施設です。
高優賃は4・5階で、全部で20部屋。入居者には収入に応じて家賃補助(約40%)があるのが特徴です。
家賃は68000円、共益費が3000円。入居時には敷金として家賃の3ヶ月分が必要です(礼金はなし)。
広さは40.25㎡で、いわゆる1LDK。安全のためにガスは使用しないオール電化。食事は希望すれば、併設の有料老人ホームの厨房で作った食事が、朝、昼、夜の3食食べられます。

気になるのは、高齢者優良賃貸住宅と有料老人ホームの違い。
併設の有料老人ホームは、介護保険が使える人しか入居できない「介護付き有料老人ホーム」で、部屋の大きさも15.8㎡〜21.33㎡と、高優賃より狭く設定されていました。ただ介護職員が常駐して必要な介護を行うため、24時間の介護が必要になると、高優賃の部屋から、下の有料老人ホームに移る人もいるのだとか。
高優賃は、あくまで賃貸住宅(賃貸アパートと一緒)なので、介護が必要になれば、在宅と同じく、在宅介護支援サービスとして、ヘルパーやデイサービス、ショートステイが使えますが、介護度が重くなれば、そこでは暮らせないという状況も生まれるようです。

運営事業者は、すぐ近くで特別養護老人ホームを運営している社会福祉法人です。

ただ、見学して一番印象に残ったのは、併設の有料老人ホームでは、フロア施錠がしてあって、自由に他の階に移動することすらできない状態だったこと。
比較的元気で、自分の意志で入居してきた高優賃の住人も、介護が必要になって有料老人ホームに移動すれば、自由を奪われるしかないのだなぁという、やりきれなさでした。

介護が必要になっても、認知症になっても、お年寄り本人が主体性をもって、自分が望む暮らしができる環境整備が、なによりも求められていると思います。

|

« 日進市長選挙公開討論会に参加して | トップページ | 選挙ポスターの費用について »

介護施設見学レポート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/215645/15684551

この記事へのトラックバック一覧です: 高齢者優良賃貸住宅「スマイルコート黒田」レポート:

» 平屋間取の収納術 [平屋間取は高齢者向けの住宅です。]
平屋間取の収納術身近なもので素敵な収納術平屋間取の収納は身近なもので意外と簡単にできます。素敵なインテリア家具をひとつ購入、という手もありますが、平屋間取の収納術では予算をかけないことが大前提です。平屋間取の収納術の典型家具といえば、カラーボックスがあげられます。カラーボックスは身近で、入手しやすく、組み立ても簡単、おまけに軽いから女性でも楽々移動ができます。ちょっとアレンジすれば、平屋間取の収納術はリビングラック、オーディオラックをはじめ、子どものお片付けボックス等の便利...... [続きを読む]

受信: 2007年7月13日 (金) 14時28分

» 高齢者住宅 関連サイトのご紹介 [高齢者住宅 知っておきたい違いの理由]
失礼します。高齢者の住宅に関する情報サイトをご紹介させていただきます。よろしくお願いいたします。ご迷惑でしたら、お手数をかけ恐縮ですが削除願います。トラバ返し歓迎です。 [続きを読む]

受信: 2007年8月 4日 (土) 17時52分

« 日進市長選挙公開討論会に参加して | トップページ | 選挙ポスターの費用について »