« 夏の交通安全週間始まりました | トップページ | 7月28日(土)午後、議会報告会開催! »

国民健康保険税の不思議

東郷町会議員になったことで、身辺上の変化で大きな事は、
「夫の扶養からはずれ、自分で健康保険料や年金を支払うようになった」ことだった。

おはずかしい話、今まではフリーライターという不安定な仕事だったため、収入も課税されるほどはなく、ずっと夫の扶養家族ですごしてきた。(自立していないという点からは、仕事は専業主婦です。というべきだったかも・・・)
それが、やっと少しながら自分で税金をおさめる立場となり、夫の扶養からも抜ける → 自立 と、ちょっとほこらしく思っていたのだ。

そんなささやかな思いを打ち砕くような出来事が、待っているとは・・・・

実は、昨日、国民健康保険税の納付のお知らせが届いた。
でも、なぜか郵便の宛先には、夫の名前。
中身も、「あなたの世帯の国保加入者の保険税です。期限までに納付してください」との表記。
夫の扶養からはずれて、自分の収入から納める保険税なのに、
どうして、私自身でなく、夫宛に請求書が届くのだろうか?

よくよく見ると、国民健康保険税の納付義務者は、 夫 になっている。
えっ! 私には納付義務はないの?
扶養から外れても、夫と同一世帯になっている限り、ずっと夫に保険料を払ってもらえということなの?

国民健康保険税のなぞは深い。

|

« 夏の交通安全週間始まりました | トップページ | 7月28日(土)午後、議会報告会開催! »

雑感あれこれ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/215645/15761232

この記事へのトラックバック一覧です: 国民健康保険税の不思議:

» 退職後の健康保険はどうする? [国民健康保険の保険情報局]
今は、一つの職場で定年まで勤め上げることが当たり前の世の中ではなくなってきました。別の職場への転職を考える人もたくさんいることと思います。サラリーマンやOLなどの会社勤めをしていた人が退職すると、保険証は会社に返却しなければなりません。つまり、今まで加入..... [続きを読む]

受信: 2007年8月 8日 (水) 09時55分

« 夏の交通安全週間始まりました | トップページ | 7月28日(土)午後、議会報告会開催! »