« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月

議会が市民と対話する「議会フォーラム」とは?

7/29に出席した「市民と議員の条例づくり交流会議2007 プレ&ミニ企画」で発表された、議会改革の先行事例から、北海道、登別市の「議会フォーラム」を紹介します。

登別市議会は、平成15年度から議会改革を行ってきました。
例規集を廃止し、議員全員にノートPCを貸与して、本会議場に持ち込めるようにしたことから、本会議での議案説明内容を電子媒体で提供し、議員は本会議中にいつでも必要な資料を参照しながら検討できるようになったことに始まり、常任委員会の活性化を推進するなど、さまざまな改革を行ってきました。

とりわけ今年度の改革で注目を集めたのが、
6月議会の廃止と、市民と議会との対話の場「議会フォーラム」の開催です。

議会全体が、市民と「市の重要政策や課題」について意見を交換する「場」としての「議会フォーラム」。
初となる今年度は、市内の公民館など3カ所(3日間)で行われ、3日で210人の市民が参加しました。

テーマは「議会改革」。
サブテーマを「議会・議員にモノ申す」と設定し、「果たして議会・議員はこれでいいのか?」「議会・議員はなぜ見えないのか」という観点から、活発な意見交換が行われたそうです。

市民から質問が集中したのが、定例議会を年4回から3回に削減したことと、議員報酬について。
現在の市議定数21と月額31万円の報酬をめぐって議論が盛り上がり、「定数をもっと減らすべき」「ボランティア的要素を含んだ議員を増やすため、歳費を半減して議員を倍増させた方がよい」と、定数をめぐっては、減らすと増やすの意見がそれぞれ半々となったとか。

「30代、40代の人に立候補を呼びかけても、今の議員報酬では生活できないと言われる」という議員からの発言に対しては、
「報酬を増やすのではなく、別に仕事を持つ人が議員をできるよう、土日曜に議会を開くなどの改革をすべき」との発言が市民からあったそうです。

しかし、はじめて「議会フォーラム」という形で、議会が市民と意見交換の場を持ったことに対しては、ほとんどの市民が高く評価し、議会としてもやってよかったという声が大半を占めたと聞きました。

住民は議会(議員)との対話を待っています。
東郷町では、町長が地域に出向く懇談会は毎年開かれていますが、議会報告会は有志の議員が細々と行っているというのが実情です。
議会全体で住民と語り合う「場」を、ぜひ東郷町でも持ちたいものだと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

介護情報誌「ぬくぬく」発行しました!

介護情報誌「ぬくぬく」発行しました!
老い支度を考える人の介護情報誌「ぬくぬく」の創刊号が、やっとできました!

介護・福祉ライターである山下が、利用者や家族が本当に知りたい身近な情報を取材し、編集・執筆したものです。(広告を取らないために、広告主とのしがらみのない情報を載せることができます)

おもな中身は、
①早めに見つければ、認知症はこわくない
 専門医に聞く 認知症受診のコツ
②話題の高齢者専用賃貸住宅 大解剖
 介護併設の高齢者専用賃貸住宅をレポート
③車いすでおでかけ
 心とからだに優しい伊勢志摩の旅

「ぬくぬく」創刊号は、ご希望の方に無料で配布中です!
郵送ご希望の方は、山下までメールでご連絡下さい。
(メール送付は、横のプロフィールページから、行うことができます)

| | コメント (2) | トラックバック (2)

「秋まで待てない!」議会改革に参加しました

「秋まで待てない!」議会改革に参加しました
東京で行われた、市民と議員の条例づくり交流会議のプレ企画に、参加してきました。
(写真は、右/6月議会をやめて地域で議会フォーラムを行った登別市議会議長の石山正志さん
  左/議会のインターネット中継・録画で情報公開をすすめる武蔵野市議会議員の川名ゆうじさん)

第1部「変えなきゃ!いけない自治体議会の現状」では、新人議員が見た議会の実態を、私、山下がステージ発言しました。
私のほか、東京都中野区議会議員、のず恵子さんと、北海道恵庭市議会議員、林嘉男さんも発言。会場から共感の声があがり、「今の議会はおかしい」という同じ思いを抱く人がたくさんいるという実感を得て、心強く思いました。

第2部では、具体的に議会改革を行っている先行取り組み事例が紹介されました。
こちらの報告は、日を改めてしっかり行いますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「山下りつこ議会報告会」を行いました

東郷町のいこまい館で、はじめての「議会報告会」を行いました。
報告会に来てくださったのは十数人でしたが、暑い中、わざわざ山下の話を聞きに足を運んでくださる方がこんなにいらっしゃったことに、心から感謝しています。

6月議会の簡単な報告のほかに、住民主体による地域福祉計画の策定や、町独自の第三者評価制度(介護サービス)への準備活動など、これから取り組んでいきたいことを主にお話させていただきました。
特に、白土・西白土で発足を企画している「シルバー井戸端会」については、参加者から期待の声や質問も多く飛び出し、地域で老いを支えるまちづくりが期待されていることを、ひしひしと感じました。
「シルバー井戸端会」についての詳細は、また後日お知らせします!

参加いただいた方々には全員、自由にご発言いただいたのですが、中でも、
「議員は、議員便りを出すだけで事たれりとしているが、それだけでは一方的な情報の垂れ流しにすぎず、無責任だろう。こういう報告会を開いて、住民の意見をもっと聞いて欲しい」
という言葉には、なるほどそのとおりだと得心しました。

情報公開というと、どうしても「発信」にばかり目がいってしまいますが、「受信」の仕組みが重要。
やはり双方向でなければいけないですね。
住民の方々から、さまざまな思いのつまったご意見をたくさんうかがえて、今日の報告会を開いて本当によかったと思いました。

議会が終わるたびに、つまり3ヶ月に1度は、こうしたざっくばらんな「議会報告会」を開催するようにしたいと思います。みなさまのご参加、お待ちしています!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏期大学院公開ゼミに参加しました!

夏期大学院公開ゼミに参加しました!
鶴舞にある日本福祉大学名古屋キャンパスで、夏期大学院公開ゼミナールに参加してきました。
テーマは、
「福祉社会のフィールドワーク研究の方法を探る」
1日目の今日は、ふたつの講演と鼎談。2日目の明日は演習型のゼミナールに出る予定です。

どうして大学院ゼミに? というと、福祉サービスの第三者評価や地域福祉計画が題材として取り上げられていたから。
今日の講演や鼎談でも、フィールドワーク研究という手法から、地域生活の質の評価からみた高齢者ケアや、地域福祉計画についての話があり、長野県の茅野市で行われた住民による地域福祉計画策定など、なかなか興味深いものがありました。

地域福祉計画は、市町村での高齢者福祉計画や、介護保険計画、障がい者、児童など、住民ニーズに基づいて、住民参加でたてるべきものとして位置づけられています。
しかし、東郷町での地域福祉計画は、業者にほぼ丸投げ状態。
計画をどう作るのか、そもそも地域福祉とは何かがわからない自治体は少なくないようです。

そこで重宝がられているのが、社会福祉学の研究者など。地域福祉にアドバイザーとして協力するかわりに、研究フィールドとしてその地域で実践・研究するという相互協力が行われているのだということが、今日の話でわかりました。
事実、春日井市や三重県の伊賀市など、自治体職員などの参加も多く、大学の研究者と自治体協力が進んでいることを、改めて見るような思いでした。

住民のニーズをどう拾い上げるのかなど、研究者の手法も生かしながら、東郷町の地域福祉計画や第三者評価に、生かしていければと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

市民と議員の条例づくり交流会議2007

市民と議員の条例づくり交流会議は、2001年の第1回開催以来、市民と自治体議員、研究者らが集い、自治体政策や地域の課題解決、条例づくりを議論する場として、毎年夏に開催しているものです。

今年は7月28、29日に東京で行われる予定でしたが、国政選挙が29日投票日となったために、9月に延期されることになり、7月29日は、急遽、プレイベントの開催が決まりました。
題して
市民と議員の条例づくり交流会議2007<プレ&ミニ企画> 
 「秋まで待てない!議会改革」  

私もこのイベントに参加する予定なのですが、会の始まりに行われる「議会改革、はじめの一歩/新人議員が感じた、議会の不思議」で、ステージ発言することになりました。
急に決まったことで、私自身驚き、また重責も感じているのですが、ともあれ、町の地方議員が感じた議会の現状について、発言してこようと思っています。

会の内容については、以下のホームページを参照ください。
http://www.citizens-i.org/jourei/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドミー前の信号は7/30に設置されます

通学時の安全のため、白土で待たれていたドミー(スーパーマーケット)前の信号が、7月30日に設置されることになりました。
今日、同じ白土の議員である山口洋子議員と一緒に、愛知警察署の担当部署に行って、正式に聞いてきた情報なので、確かだと思います。

ドミーができたことで、買い物に便利になったのはよかったけれど、前の道路の交通量も増え、横断があぶないなと毎日感じていました。今回の信号設置で、安心してスーパー前の道路を横断できるようになると思います。
取り急ぎ、ご報告まででした!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

箱ニャンになるの

箱ニャンになるの
眠い時の、へしにゃんです♪
前足を中に折り込んで、くつろぐ姿勢のこと、「箱ニャン」っていうんだって。
もっ〜と眠たくなると、のびのびゴロゴロするんだけどね。

今は暑いから、ひんやりしたテーブルの上が、お気に入りのベッド。
体をう〜んと伸ばして、気持ちよくしてると、「へしにゃん、デロリンだね」っていわれちゃう。
でも、いいんだぁ。
なが〜いにゃんこは、夏だけの風物詩だよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

7月28日(土)午後、議会報告会開催!

☆「山下りつこ議会報告会」を、7月28日(土)午後1時半から行います!

場所は東郷町役場裏手、「いこまい館」の2階、和室の向かいにある研修室です。
はじめての議会が終わり、初当選からこれまで3ヶ月間の議会報告および、活動の様子を、地域の皆様にお話したいと思います。

気軽なざっくばらんな会にしたいと思っています。
途中退出も0K。
事前の予約はいりませんので、とりあえずのぞきに出かけてみようという方は、ぜひお立ち寄り下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

国民健康保険税の不思議

東郷町会議員になったことで、身辺上の変化で大きな事は、
「夫の扶養からはずれ、自分で健康保険料や年金を支払うようになった」ことだった。

おはずかしい話、今まではフリーライターという不安定な仕事だったため、収入も課税されるほどはなく、ずっと夫の扶養家族ですごしてきた。(自立していないという点からは、仕事は専業主婦です。というべきだったかも・・・)
それが、やっと少しながら自分で税金をおさめる立場となり、夫の扶養からも抜ける → 自立 と、ちょっとほこらしく思っていたのだ。

そんなささやかな思いを打ち砕くような出来事が、待っているとは・・・・

実は、昨日、国民健康保険税の納付のお知らせが届いた。
でも、なぜか郵便の宛先には、夫の名前。
中身も、「あなたの世帯の国保加入者の保険税です。期限までに納付してください」との表記。
夫の扶養からはずれて、自分の収入から納める保険税なのに、
どうして、私自身でなく、夫宛に請求書が届くのだろうか?

よくよく見ると、国民健康保険税の納付義務者は、 夫 になっている。
えっ! 私には納付義務はないの?
扶養から外れても、夫と同一世帯になっている限り、ずっと夫に保険料を払ってもらえということなの?

国民健康保険税のなぞは深い。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

夏の交通安全週間始まりました

議員の仕事のひとつに、地域での交通安全活動があります。
年に4回ある、10日間の「交通安全週間」の期間中は、地域の小中学生が安全に学校へ通えるように、黄色い旗を持って横断歩道に立つのが役割。
議員だけでなく、地区の役員さんやPTAの方、小中学校の先生も、旗を持って子ども達の安全を見守ります。

毎朝7時半〜の旗当番は、なかなかたいへんですが、通りかかる小中学生に「おはようございます!」と声をかけると、日に日に返事が返ってくるようになるのが、うれしいところ。

昨日、今日と雨が降りましたが、雨天で見通しの悪い時にこそ、大人が子ども達の安全を守ることが大切になるのだと思って、明日も元気に横断歩道に立ちたいと思います!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高齢者向け分譲マンション「シニアハウス文教台」

名古屋市名東区に、名古屋市で初めての高齢者向け分譲マンションができたというので、さっそく見学に出かけた。

老後の住まいとして有料老人ホームを選ぶ人は少なくないが、入居一時金に何千万出しても、10〜15年の償却期間が過ぎれば、1円も戻ってこない。
賃貸契約で保証されている居住権もないため、「認知症で他人の迷惑になるから出てくれ」と言われても、あきらめて出るしかないのが実情だ。

その点、分譲マンションなら、他人に賃貸できるし、いらなくなったら売却も0K。財産として、相続もできると自由度が高い。
しかも自分の持ち家なのだから、認知症や介護の重度化を理由に退去をせまられることもない。
これはいいシステムだと、前から考えていた。

さて、見学当日。現地に到着すると、外観は、ちょっと瀟洒なマンションのよう。
1階のレストランが目にとまる。
希望すれば食事はここで3食とれるとのこと。月5万4百円はまあまあか、と思ったが、試食で食べた和食は今ひとつ。レストランは地域に開放すると聞いたが、メニューは今後増えるのだろうか。

肝心の居室はといえば、1人用は18㎡といかにも狭い。
2人用でやっと27㎡。
元気なお年寄りが夫婦で暮らすなら、せめて40㎡は欲しいのに。
やはり介護居室という考えから抜け切れていないのか。

なにより衝撃だったのが、認知症の人向けという介護フロア。
エレベーターも止まらず、完全な閉鎖空間。
高いお金を出した我が家だというのに、介護が必要になったら閉じこめられるのかと、暗澹たる気分になった。

これで分譲価格は、1人用が13,497,130円(税込み)
2人用が19,726,575円(税込み)
この上に、月々の管理費が1人47,250円。夫婦2人なら月に94,500円。
介護費は別だというのに、いかにも高い…。
例の認知症向き、閉鎖フロアに入る場合は、さらに月4万円よぶんに必要だという。

介護が必要になれば、1階に併設しているヘルパーステーションから、ヘルパーを派遣できるそうだが、ひとつのフロアには共有部分が少なく、今、介護施設で主流の「ユニットケア(個別ケア)」ができる設備もない。
それでは結局、要介護になれば、18㎡のワンルームで寝たきりになりがちに。

かといって、元気なうちに生活を楽しむというには、やはり共有部分の内容が乏しい。
介護にも、老後を自分のペースで楽しむにも、どちらにも足りない部分が多く、中途半端な印象。

分譲というアイデアはいいが内容が不十分。購入はよく考えてからにした方がよさそうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

お花が好きなの♪

お花が好きなの♪
きれいなお花でしょ♪
でも、へしにゃんが好きなのは、“お花を食べること”。
だって、
「花より団子」でしょ!
むしゃむしゃお花を食べてると、「まま」が「めっ!」って怒るから、いないうちに食べちゃおうっと・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

選挙ポスターの費用について

選挙ポスターの制作費を公費で負担する「選挙公営制度」の問題が、新聞を賑わせていますね。
お隣の日進市でも、実際のポスターを市民が見て、高いと思われる順序で並べてみるという試みがなされました。
結果としては、見た目の印象と実際の料金には関連性がなかったということですが、公費負担の上限ぎりぎりまで請求する人がいる一方で、半分も請求しない人もいるのは事実。その上、実際にかかった以上の偽りの申告で、多額の公費をもらっていたという例が、新聞に何例も掲載されていました(これは日進市ではありませんが)。

東郷町では、どうなっているの?
という声が聞こえてきそうですが、実は、「町」では選挙公営制度自体がないため、選挙ポスターはすべて自費。
「市」では選挙カーの費用や運転手の日当も公費負担ですが、もちろん東郷町ではすべて自費。
東郷町議選挙の候補者は、選挙にかかる費用はすべて自分持ちです。

問題の選挙ポスターですが、果たして「山下りつこ」のポスター費用は?

印刷代が、100枚すって、36720円(税込み)。
ポスター用の写真撮影料が、15000円。
ポスターのレイアウト(デザイン)費用が、10000円。
というわけで、以上、合計 61720円 でした。

東郷町議選挙に立候補した人の中には、パソコンで自分で作って(写真も自分でデジカメ撮影)、カラーコピーで印刷したという人もいて、私より安い費用で仕上げた人も。
公費負担がなければ、お金をかけないように、自分で工夫するということだと思います。

市の中には、選挙費用の公費負担を廃止したところも出てきています。
「選挙にはお金がかかる」を常識とせずに、「お金をかけなくてもできる選挙」へと変える必要があると思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高齢者優良賃貸住宅「スマイルコート黒田」レポート

高齢者向け優良賃貸住宅レポート
一宮市木曽川町にできた高齢者優良賃貸住宅(高優賃)、「スマイルコート黒田」に行ってきました。

高齢者優良賃貸住宅(高優賃)というのは、60歳以上の高齢者のみを対象とした賃貸住宅で、高齢者が安全に安心してくらせるハードが整っている賃貸住宅。
具体的には、車いすで生活できる「バリアフリー化」、いざという時に助けを呼ぶための「緊急時対応サービス」、お風呂やトイレなどの「手すり整備」など、介護が必要になった場合を見据えて設備が整えられています。

「スマイルコート黒田」は、今年の4月にオープンしたばかりの新しい施設で、高優賃だけでなく、デイサービス、ショートステイ、介護付き有料老人ホームも併設された複合型の福祉施設です。
高優賃は4・5階で、全部で20部屋。入居者には収入に応じて家賃補助(約40%)があるのが特徴です。
家賃は68000円、共益費が3000円。入居時には敷金として家賃の3ヶ月分が必要です(礼金はなし)。
広さは40.25㎡で、いわゆる1LDK。安全のためにガスは使用しないオール電化。食事は希望すれば、併設の有料老人ホームの厨房で作った食事が、朝、昼、夜の3食食べられます。

気になるのは、高齢者優良賃貸住宅と有料老人ホームの違い。
併設の有料老人ホームは、介護保険が使える人しか入居できない「介護付き有料老人ホーム」で、部屋の大きさも15.8㎡〜21.33㎡と、高優賃より狭く設定されていました。ただ介護職員が常駐して必要な介護を行うため、24時間の介護が必要になると、高優賃の部屋から、下の有料老人ホームに移る人もいるのだとか。
高優賃は、あくまで賃貸住宅(賃貸アパートと一緒)なので、介護が必要になれば、在宅と同じく、在宅介護支援サービスとして、ヘルパーやデイサービス、ショートステイが使えますが、介護度が重くなれば、そこでは暮らせないという状況も生まれるようです。

運営事業者は、すぐ近くで特別養護老人ホームを運営している社会福祉法人です。

ただ、見学して一番印象に残ったのは、併設の有料老人ホームでは、フロア施錠がしてあって、自由に他の階に移動することすらできない状態だったこと。
比較的元気で、自分の意志で入居してきた高優賃の住人も、介護が必要になって有料老人ホームに移動すれば、自由を奪われるしかないのだなぁという、やりきれなさでした。

介護が必要になっても、認知症になっても、お年寄り本人が主体性をもって、自分が望む暮らしができる環境整備が、なによりも求められていると思います。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

日進市長選挙公開討論会に参加して

本日、夜6時半から、日進市民会館大ホールで、日進市長選挙立候補予定者による公開討論会が行われました。
公開討論会を主催したのは、愛知中央青年会議所。各地で公開討論会のコーディネートをしてきたリンカーンフォーラムの後援により、この地域初の公開討論会が開催されました。

当日は大ホールがいっぱいになる盛況ぶりで、有権者の関心の高さを示していました。とはいえ、私のように東郷町から出席した人もおり(会場で東郷町の知り合いに会いました)、全員が日進市民というわけではなかったようですが・・・。
ともあれ、22日の市長選挙に出馬を予定する3氏が一堂に会しての公開討論会。市長立候補予定者の人となりを見極め、政策を聞こうという熱意で、会場が満ちているようでした。

公開討論会は、おのおの2分での自己紹介からスタート。
「日進市をどういうまちにしたいのか?」、「市民参加やNPOとの協働についてどう考えるか?」、「少子化・高齢化への対策は?」、「福祉・医療をどう充実させるか?」、「教育・コミュニティーをどう進展させるか?」などのテーマで、それぞれ時間を区切り、3人の立候補予定者に思いを聞く内容でした。

3分、5分など、短い制限時間を守っての発言。だれから発言するかの順番もテーマごとに交代するなど、公平性を重視した進行なのが、聞いている側にも伝わりました。
特定の候補者への応援などが会場内の人へ与える影響を考えてか、拍手も1人1人の発言の後にすることは禁止され、テーマが終わるごとにまとめてという形。
どの人のどんな発言が、会場の人々の心を捉えたかが、ストレートに表明されなくて、ちょっと物足りない気もしました。

最後に肝心の3人の主張ですが、印象に残った施策提言のみ書いておきます。
(順序は自己紹介の時の発言順で)

○萩野こうぞう氏
 ・学校に第三者による「スクール相談員」をおく
 ・合併賛成。名古屋市との合併も視野に入れる

○白井えり子氏
 ・24時間子育て相談体制の確立
 ・新しく建てる学校は、地域開放を基本とした複合型に。保育園・デイサービス・民間レストランなどとの併設を視野に入れる
 ・合併反対。10万人までの市民の顔が見える、きめ細かいサービスが行える規模に

○寺本よしき氏
 ・保育園の園庭を開放しての、子育て悩み相談受付
 ・東郷町など近隣市町と連携した「広域交通バス」の実現
 ・合併賛成。相手は名古屋市

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ただいま議会だより編集中

町民のみなさまに議会の報告を行う「議会だより」。
この「議会だより」は、議会が閉会すると同時に編集が始まります。
だいたい議会閉会の翌月末に、各戸に配布されますから、およそ2週間が編集期間。
7人の議会だより編集特別委員会メンバーで、手分けして作りますが、短期間でしあげなければならず、かなり忙しいというのが正直な感想です。

次回の84号では、新企画「古老に聞く!東郷町のむかし」や、「いこまい館探検クイズ」も始まります。
13日の最終校正日に向けて、皆でがんばって編集中ですので、どうぞ楽しみにお待ち下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

棚の上には

棚の上には
ちょっと見は、黒ネコのぬいぐるみみたいでしょ♪
棚の上に座っているへしにゃんです。

へしにゃんは、高いところや狭いところが大好き。
高くて狭い棚の上は、お気に入りの場所なのに、なぜだか「まま」は、「載っちゃダメ!」っていうの。
だから、こっそりのぼって、見つからないようにじっとしてるんだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いまどきの病院

実家の母が入院して、議員活動と仕事と介護の三拍子がそろってしまい、慌ただしく毎日が過ぎています。

母は、移転して新しくなった大学病院に入院しているのですが、そこに通うたびに思うのが、いまどきの病院の設備の良さ。
昔の大部屋といえば、せまくて暗いといったイメージがありましたが、母が入っている大部屋は、明るくてゆったりスペースがとってあり、備えつけで液晶テレビとミニ冷蔵庫まで! 着替えなどを入れる物入れや貴重品を入れるミニ金庫、椅子もついています。
食事もベッドの上でなく、歩ける人はデイルームに移動して。デイルームにはいつでもお湯とお茶がでる給湯器があって、だれでも自由に使えるようになっています。病院内のレストランはホテル直営。けっこう蔵書が充実した図書室もあり、歩けるほど回復したら、入院生活もけっこう楽しめそうな設備が整っていました。

介護施設では、個室が標準(特別養護老人ホームも、全室個室しか認可されなくなりました)となりましたが、病院の生活環境もずいぶん向上したのだなあと感心しています。
あとは、母が回復してくれて、病院生活を楽しめるほど元気になってくれることを祈るばかりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »